TOP > 政治・経済 > 天安門事件を成功体験として語り始めた中国の物騒さ “恐怖政治”を徹底する習近平、天安門事件は再び起きるのか(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

天安門事件を成功体験として語り始めた中国の物騒さ “恐怖政治”を徹底する習近平、天安門事件は再び起きるのか(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

36コメント 2019-06-06 06:30  JBpress

天安門事件は風化させてはいけない。習近平政権になってそう強く思うのは、ひょっとすると天安門事件は再び起きるのではないか、と危惧しているからだ。(1/5)

ツイッターのコメント(36)

(↑続き)
これはどうなっているのかな。
捏造どころか無かったことにしていたんじゃない?

政府に都合の悪いことは隠蔽しているでしょ。
確かに、これは国賓にしたらアカン奴・・・
習近平政権になってそう強く思うのは、ひょっとすると天安門事件は再び起きるのではないか、と危惧している~ “恐怖政治”を徹底する習近平 JBpress(日本ビジネスプレス)
福島さんの6/6の記事、香港の今を鑑み、改めてお薦め。香港デモへの中南海の本音、香港警察がデモに強くあたる背景が分かる。香港警察が市民側に付いた場合のその先も。
だから民主主義国の注目と中国政府への警告が必要。
天安門事件を成功体験として語り始めた中国

JBpress(Japan Business Press)
“恐怖政治”を徹底する習近平、天安門事件は再び起きるのか
福島 香織
“天安門事件後、日本は米国からの水面下の要請を受けて経済制裁を早々に解除し、米国とともに今の中国を“育てた”。... 米国政府も失敗を認めているからこそ、今、対中強硬策姿勢に出ている。”
「「天安門事件」を成功体験として対外的に語り出したのは習近平政権が初めて」「中国を許した米国の失敗」
愚民政策、恐るべし。「 “恐怖政治”を徹底する習近平、天安門事件は再び起きるのか。今の中国人大学生たち、若い記者や編集者たちに天安門事件の話を振っても知らないという」
西側諸国の見解としては事件の死者は一万人を超えた、とされているが、実際のところはその数倍、と言う説にも信憑性があるらしい。
真偽はさておき、これだけの事件が無かった事になろうとしているのか…
中国は天安門武力鎮圧は政治的に「正しい判断」と公言。タブーは悪い意味で破られつつある。天安門事件を成功体験として対外的に語り出したのは習近平政権が初。経済制裁を早々に解除し今の中国を作ったのは米国の失敗。
チベットやウイグルでも成果を出しているし、香港でも進行中。次は台湾?、その前に南シナ海のフィリピンか?? >
できれば再び起きてほしいけど、裕福になった今の中国人にはできない。理由がない。> | JBpress(Japan Business Press)
人間集団には不平分子を悪魔化し虐殺を正当化する神学が必要。原爆投下を正当化する米国の手法に学べ。天安門事件は、シリア内戦のような争乱を回避し多くの人命を救った正義の成功体験である。
5ページ目だけ読めば充分な気もする。あと、アメリカの対中政策は、トランプ政権と言うよりは、議会が中心じゃないかな
まじでチャイナとコリアの政府は世界の害悪じゃな。日本の敗戦がこの害悪を世に解き放ってしまったのかと思うと…。
この人の考えに同感したのは、ものすごく久しぶり。
人が国民が死んだのに成功?・・
ありえない………
「天安門事件前まで、共産党は弾圧するときに“敵”のレッテルを張ってからするという手順を踏んでいたが、天安門事件では学生、知識人、一般庶民といった普通の中国人をいきなり虐殺した。この恐怖こそが中国人に植え付けられた天安門事件の負の遺産」
政府がデモを先導して最後は鎮圧か。
デモする人はアホ?

女子学生「お母さんからデモに絶対参加するなと言われた。天安門事件を忘れるな、と。政府が認めているデモも、いつ“治安維持”を理由に鎮圧されるかわからない」
嘘も百回言えば、真実になる。
面白い記事をクリップ。
今こそ天安門大虐殺を世界遺産に!
福島香織さんの記事。


“恐怖政治”を徹底する習近平、天安門事件は再び起きるのか
中国共産党内でも天安門事件は言葉にできない“タブー”であったが、そのタブーは悪い意味で破られ、共産党からは天安門事件を“成功体験”と語る声が出てきた。福島香織さんのコラム。  天安門事件では普通の中国人を軍がいきなり虐殺した。この恐怖が中国人に植え付けられた。
天安門事件後、日本は米国からの水面下の要請を受けて経済制裁を早々に解除し米国とともに今の中国を“育てた”。ウォール・ストリート・ジャーナルは「中国を許した米国の失敗」と当時の米国の決断を批判している。米国政府も失敗を認めているからこそ対中強硬策姿勢に出ている
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR