TOP > 政治・経済 > 香港に激震、中国政府が思想犯を捕まえ放題に 「逃犯条例」改正で天安門事件追悼集会は開催不可能か(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)

香港に激震、中国政府が思想犯を捕まえ放題に 「逃犯条例」改正で天安門事件追悼集会は開催不可能か(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)

22コメント 2019-05-30 06:33 | JBpressキャッシュ

中国で法律を犯した中国人が香港に逃亡した場合、香港司法当局は逃亡犯を中国に引き渡さなければならなくなる。香港の司法の独立性は決定的に崩れることになると言ってよい。(1/4)...

ツイッターのコメント(22)

「だが現状、香港の司法制度の独立性が目に見えて中国当局に侵されているわけで、」
台湾で起きた殺人事件が発端だったのね…
これ、すごく分かりやすいです✨
香港デモに至った背景
"現行の「逃犯条例」は「香港以外の中国その他の地方にはこの条例を適用しない」ことが規定されており、香港が中国本土と異なる司法の独立を有することを裏付ける内容……改正条例案はこの適用外条項を削除する" / “JBpress(Japan Business Press)香港に激震、中国政府が…”
香港のデモの話はこういう背景知識が無いと、何が問題に繋がるのか自分の頭で一切判断できないよな
「逃犯条例」改正で天安門事件追悼集会は開催不可能か
福島 香織
基本法を「解釈改憲」しまくり、一国二制度をとことん崩壊させてる習近平政権が極限まで突っ走って、香港政府に圧力をかけて制定しようとしてるのが「逃犯条例」 これが制定されると2047年を前に本当に一国二制度が終わる
『一香港青年の凶行が、恋人とその赤ん坊の命を奪っただけでなく、香港そのものの命を奪うことになるとは』 - @JBpress
これから、外国へ移民かもしれない
優秀な人材を刑務所に送って、社会を回せるってすごいと思うわ。
中国はもう建て前すら守る必要ないと判断したのか。
「「逃犯条例」(中国への犯罪人引渡し条例)改正案が今年(2019年)夏にも可決しそうなのだ。そうなれば、中国から香港に逃げてきた民主活動家や法輪功学習者、人権活動家、そして汚職官僚なども犯罪人として中国公安当局に引き渡されることになる」
香港は目下米国、英国など約20カ国との犯罪人引渡協定に調印しているが、そうした国々に何の説明もなく、条例提供範囲を中国にまで広げてしまうことは、国際社会にとっても大問題だ
「逃亡条例」可決の勢いで香港に激震 天安門デモも今年で最後か。
チャイナチャイナ
日本も共産主義になったら怖い。
ツイッターのユーザーの殆どがムショ行きになるぞ!(笑)
中国は嘘を言う国‼️
東シナ海の軍事基地化
香港は一国二制度では⁉️
アメリカさえ中国の嘘は
知ってる‼️
日中友好の態度も嘘‼️
尖閣を見れば判る‼️
「逃犯条例」改正で天安門事件追悼集会は開催不可能か
香港で「逃犯条例」(中国への犯罪人引渡し条例)改正案が夏にも可決されそう。中国の影響力、圧力は条例成立によって強化される。福島香織さんのコラム。  中国国内の権力闘争のたびに、大量の香港の金融・財界人が逮捕され中国に引き渡されて取調べを受ける懸念。
そもそも共産主義とはそういう事なんだよね!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR