TOP > 政治・経済 > 仕事の生産性を上げてもあなたの給料が増えない理由 給料の多寡はひとえに「業界の生産性の高さ」にかかっている | JBpress(日本ビジネスプレス)

仕事の生産性を上げてもあなたの給料が増えない理由 給料の多寡はひとえに「業界の生産性の高さ」にかかっている | JBpress(日本ビジネスプレス)

必死に頑張って仕事の生産性を上げたのに給料がちっとも増えない。そんな悩みを抱えている人も多いかもしれない。それもぞのはず、給料が増えるかどうかはあなたの「業界の生産性」にかかっているからだ。...

Twitterのコメント(22)

なかなか興味深い。③かな。会社のステージに合わせて人材をというのはその通りかも。こういう時に自前主義にならないように。/
給料の多寡はひとえに「業界の生産性の高さ」にかかっている | JBpress(日本ビジネスプレス)
『事業のライフサイクルの中で、自分が向いている時期でブランディングが出来れば、非常に「おいしい」状態になります』 - @JBpress
個人の生産性だけで成果を上げるのはいずれ壁にぶち当たる。ラクで安定的に儲かるビジネスモデルの業界や会社かどうかで給料が決まる。会社に必要なのは、新しいビジネスモデルを作れる人材か、兵隊を統括できる優秀なマネジメントだけ。「いつでも転職できる」を武器にする。
確かに生産性が上がることと給与が上がることの間には、結構たくさんのステップがあるな~。個人個人でいくと、生産性が上がることが、自分自身の市場価値が上がることだったり、ポータブルスキルと接続ができると美しいんだけど。。。
グーグル先生が最近、この手の記事を表示するようになってきた。なぜ?

手遅れですわ。。
を進めても、給料はあがらないか・・・
昇進しても、数十万あがるわけではないので、そうでしょうね。

いつでも転職できるようにか。
コンビニ店員がどんなに生産性上げても、年収1000万円にはならないという話。
そいこと!中小企業で人の二倍、三倍働いても給料は高学歴の新卒や優良企業には勝てんのよ✋
個人の生産性向上よりも企業、さらには業界の生産性が重要。
頑張る場所と方向は選ばないとだめですね。 / 生産性を上げても給料で報われない 「働き方改革」の落とし穴 (ライブドアニュース)
業界相場の話かな?

仕事の生産性を上げてもあなたの給料が増えない理由(JBpress)
生産性の低い業界で努力しても報われないという記事

努力した人が報われる社会であってほしいと言う人多いけど
それは資本主義社会じゃないんだよなぁ
法人税が低いから会社が給与に反映させずに留保したがるせいじゃないの
仕事ができない中高年は辛いものです。転職ができないので、周りを蹴落としてでも組織に残ろうとします。こうした醜い争いに巻き込まれてはいけません。

ふむ
生産性を上げても給料で報われない 「働き方改革」の落とし穴 -
耳の痛い話だけど厳然たる事実でしょうな。。
「働き方改革を進めても、効果を感じることのできない人は9割を超える」
「個人の生産性を上げても「業界の生産性」が低ければ、給料は上がらない」
「努力しただけ給料で報われたい人は「安定的に」儲かる業界に移るべき」
確かに…業界ね…
編集者が頑張っても金銭的に報われない理由とも言えますな/
以上

記事本文: 仕事の生産性を上げてもあなたの給料が増えない理由 給料の多寡はひとえに「業界の生産性の高さ」にかかっている | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事