ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか 焼け落ちた尖塔とバラ窓の起源、イスラムとゴシック建築(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

フランス、パリはシテ島のノートルダム大聖堂から出火しました。原因は、修復工事で用いられていた電気ハンダごてからの失火か、などとの情報がいまだ錯綜している状態です。いずれにしても人類はかけがえのないものを失いつつあると思います。悔やみ切れません。(1/5)...

Twitterのコメント(37)

ちょっと前の記事だけど。建築と宗教と音楽の関連性を突いた興味深い記事だった。読むメモ。>
こういう論議がフランスや欧州全体でなされるのか、どういう展開を見せるか、に興味がある。
じっくり読んでおきたいと思います。 /
音楽家の先生の見解で、自分は深く知らなかったし大変興味深く読ませてもらった。
"「ゴシック建築」と言う言葉は、活字の「ゴチック体」と同様、ゴート風のという形容詞で、古代西ゴート王国に由来する名前が「あえて」名づけられています。
 理由は「イスラム」という本当の名を隠すためにほかなりません。"
先程リツイートした記事もそうだが、筆者はやたらと感情的に取り乱しておられる。人類の叡智の結晶の一つが焼けたのだから宜なるかなではあるが、学者先生が取り乱すと、こんなおもろい記事になったりする。
ゴシック≒イスラム…!!
そういうことか……
さまざまさまざま腑に落ちた…

(かけがえのないものは目に見えないものなのだね。。)
非常に厳しいことが書いてありますが、その通りだと思います。
まだざっくりとしか読めてないけど、かなり興味深い
面白い!!煙草休憩のつもりが全部読んじゃった!!!www(ФωФ)y-~
「再建されたものには、文化財としての価値は何もありません」と言い切るからには再建など放棄し廃墟にすればいいが、焼けた聖堂はかつて荒廃も再建も改変の歴史もなく創建時そのままか?
建築の話から音楽の話へと、ノートルダム大聖堂が如何に重要であり、何が失われたのかよく分かる。
盲を開かれる思いです。
人類遺産建築が工法と共に消失。
悔やむよりは、建っている間は出来なかった内部構造調査、工法の考古学的調査、を行い、同時の工法のままのレプリカと、観光用イミテーションの二つの寺院を作るべき

@JBpress
学術的な意味では確かに元どおりにはならないかもしれない
でもやっぱり修復して欲しい
心の拠り所として。
ただし拙速は避けて欲しい
何年かかってもしっかり直して欲しい
ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか/伊東乾
>建物自体が、他にかけがえのない巨大な美術品であり、モニュメントであり、テクノロジーであり、要するに人類の生きた足跡
>歴史的建築物がその工法があって初めて成立する

そう、失われたのは物的証拠の膨大な情報なのだ
なるほど。再建してメデタシ、では全くないのね。
見たいものは、ずっとそこにあるとは限らない。

時間つくって見ておかないとなぁ……とつくづく考えさせられた今回の火災。

再建されるだろうし、ステンドグラスは残っているという情報も多いけど、これは読みごたえがあった。
"そして、この大聖堂が作られたことで、私たち人類が手にしたものが、今日私たちが耳にする音楽の形にほかなりません。"
ゴシックがイスラム文化から派生した言葉なの知らなかった…宗教を越える美しさがあったってことなのね。ドラマがあるなぁ。
ノートルダム大聖堂が出火してから、キリスト教の範囲内で語られるなか、イスラムの影響まで指摘した文明論のエッセーは今回これが最初ではないか。これこそ、教養人の仕事。
滅多な消化方法
→消火
焼け落ちた尖塔とバラ窓の起源、イスラムとゴシック建築(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)
勉強になりました
読んでると神秘的の歌詞を思う
ゴシックがイスラムの建築様式とか
こういう事をもっと学びたいと思う
それにしても失ったものの大きさ

光あれ!あなたに咲きたまえ
今回のノートルダム大聖堂の火災は本当にとんでもないことだって、心が落ち着きません。形あるものはいずれ、というけれど、その形にすごく意味をもっていたものの代表みたいなのが無くなったということは、世界的な変化を強要されているようなそんな気持ちになります。
イスラム科学と美学から生まれたゴシック★
スーパーマウントインテリ、、、
第2次世界大戦の空襲なども免れて、800年の齢を数えていたこの建物が、よりによって「改修工事」の火の不始末で焼け落ちるとは・・・。言葉もありません。
ノートルダム大聖堂はイスラム技術による建築なんだ...
性格悪そう。
詳しい。でも、再建したものに価値がまったくないというのは言い過ぎのような。それだったらもう再建せんでいいんちゃうかな
一ページ目が多方面への嘲りが散りばめられていてちょっと読むのが苦痛だったけれど、二ページ以降はとても勉強になった。読んで良かった。
→ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか(JBpress) -
緊急投稿しました  ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか
以上

記事本文: ノートルダム大聖堂火災、人類は何を失ったか 焼け落ちた尖塔とバラ窓の起源、イスラムとゴシック建築(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事