メルカリのスマホ決済「メルペイ」は諸刃の剣か IoT時代、<CtoC個人間取引のビジネスモデル>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

2019年2月13日に、巨大なポイント経済圏を持つ、異色のプレイヤーがスマホ決済市場に参入した。日本のフリーマーケットアプリのトップを独走するメルカリの子会社が運営する「メルペイ」だ。「メルペイ」はスマホ決済の風雲児となり自らの...

Twitterのコメント(10)

Apple PayでIDとして使えるようになったの良い。売上金を現金で振り込んでもらうと手数料かかるからこれはありがたい。そしてメルカリを開いて見る頻度が上がった気がする。
メルカリで売ってる人は便利なんやろう。

とにかく、多過ぎですわなぁ
メルカリの経済圏を例えるなら国、メルカリ国

新品で買ったものをメルカリで売る、またメルカリで買う

メルカリで買ったものをメルカリに売る、そしてまた買う

メルカリの中でお金とモノが循環してる

だからこそメルカリの通貨を、外で使えるようにしても価値低いかな…
たまに入るプレゼントポイントがiDとして使えるのが嬉しいところ! /
どこかの時点で国内流通額が頭打ちになるのは間違いないんだから海外展開や新しい収益モデルへのチャレンジは避けられないよなぁ
後読み →
メルカリが赤字なのは米国に投資しているからで国内に集中すればいつでも黒字化できる。それを土台が脆弱っていうのは無理があるなとは思うけどメルペイでポイントがメルカリ以外で使われる場合にメルカリでの購買数が減るのでは?は確かに気になる。
ポイントの役割を「自社サービスの囲い込み」か「経済圏拡張による流通金額の増大」のどちらを取るかという話。

というマーケティング視点もあるのだが、ユーザーからすると個別アプリなのが煩わしいので「決済サービスを統合するサービス」が早よほしい。
以上

記事本文: メルカリのスマホ決済「メルペイ」は諸刃の剣か IoT時代、<CtoC個人間取引のビジネスモデル>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

関連記事