TOP > 政治・経済 > 消費税10%の重税感、今の2%増しどころではない 世界各国で景気動向に異変、10月の消費税増税に再考の余地も(1/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)

消費税10%の重税感、今の2%増しどころではない 世界各国で景気動向に異変、10月の消費税増税に再考の余地も(1/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)

22コメント 登録日時:2019-03-30 07:19 | JBpressキャッシュ

10月に控えた消費税増税。安倍政権は過去に2度延期してきた経緯もあり、今回はぜひとも実現したいところ。だが、内外の経済情勢が不透明になってきた。今年は、参議院選挙と統一地方選挙がある「亥年選挙」の年。政権運営に景気対策と、安倍首相にとって舵取りの難しい年となる。(1/3)...

Twitterのコメント(22)

10%はやむを得ないとしても軽減税率とポイント還元、これにかかるコストが無駄だと思えてしようがありません。
マイナンバーを活用した給付付き税額控除に早く舵を切るべきで、そのためには公明党と衆院選できちんと対峙できる体制が必要です。
by舛添要一→
【自分は税金使いまくったのだが‥‥】
ますますお金使わなくなったら意味ないなと。

流動性を持たせないと
お金の価値は上がらないのでは。
景気後退の足音が聞こえてきてる段階で消費税アップはヤバそうな雰囲気。

@JBpress
景気がどうこう以前に宣言した通りに税金使わない時点でダメかと。
正しく使って適切なサービスを展開してくれるなら反対する人なんて出てこないはず、とずっと思ってます。
政府って全く信頼ないなぁ。
おそらく増税時期と景気悪化が重なるだろうが、増税するしかないだろう。なりふり構わぬ景気対策でもするんだなw😈
購入価格の1割が税とすぐに計算できるから、嗜好品なら「やっぱり買うの止めとこうかな」という心理が大きく働くだろう。

世界各国で景気動向に異変、10月の消費税増税に再考の余地も | JBpress(日本ビジネスプレス)
笑う安部総理が一番人を馬鹿にしている。まあ習近平とチョボチョボですね。
消費税10%の重税感、
今の2%増しどころではない

ううう〜ん・・・
この消費税増税を
止めるには
今回の選挙で
自民党を倒すしか
ありません・・・‼️
消費税増税の前に、国会議員の給与を減らすべきでは?日本の国会議員の給与は世界でダントツトップ。
2000万円くらいもらっている。
2005〜2007年の逆イールドの後、2008年9月のリーマン・ショックが起こっている。ーさてさてどうなるかな?
更に失われた30年が続く
世界は伸び日本は停滞で二流国に転落する。
日本政府が終わってるから、増税するメリットがないよなぁ~

景気の回復が先ではないのか??
凍結どころか減税しても良いくらい。
リーマンショックの時の二の舞になれば、安倍政権どころか自民党政権も不安定になる。
憲法改正なんて夢のまた夢。
あべ晋三君
増税対策に期待しています。
賃金も過去最高。雇用も過去最高。大学就職内定率も過去最高。
デフレでない。アベノミクスは成功している。

是非、10/1~の増税対策で園児の無料化を是非お願いします。
凍結で… /  世界各国で景気動向に異変、10月の消費税増税に再考の余地も (JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事)
世界経済の減速傾向が強まっている。この傾向が続けば、10月の消費税増税の延期を考えねばならない。そのときは、衆参同日選挙となる。JBpressに寄稿し、内外の経済動向を解説する。
2万1千円割れが1ヶ月半ぶりだよね?
消費税増税を延期しなければならなくなった場合は衆参同時選挙になる可能性も・・・?

つーか、著者(・ω・`;)

産経世論調査
景気回復の「実感がある」9.8%、「実感はない」83.7%、
時事通信
生活にゆとりを「感じている」が6.9%

今まで8%の消費税をむやむやっと支払っていたが、10%となると計算しやすく「む🤔」と買い控えるかも。
以上

記事本文: 消費税10%の重税感、今の2%増しどころではない 世界各国で景気動向に異変、10月の消費税増税に再考の余地も(1/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事