TOP > 国際 > 一帯一路の生命線、パキスタン経済回廊計画暗礁へ マレーシアに続きパキスタンも、中国の融資額1、2位が反旗翻す? (1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

一帯一路の生命線、パキスタン経済回廊計画暗礁へ マレーシアに続きパキスタンも、中国の融資額1、2位が反旗翻す? (1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

14コメント 2019-03-27 06:41  JBpress

かつて、世界に名を轟かせたクリケットのスター選手だった政治家と92歳で首相に再び返り咲いた老練の政治家――。パキスタンのカーン首相とマレーシアのマハティール首相には共通点が多い。その最たるものが老獪な...

ツイッターのコメント(14)

備忘録として。 /
@144902tora3500 @YZ1kraFMRN59TrL
イタリアが参加予定で、一帯一路が順調になることでバランスが崩れたかもしれないですね。
パキスタン政府は、当初の予算を82億ドルから、いったん62億ドルに下げると発表したものの、巨額資金によるひも付き融資を警戒し、現在では42億ドルにまで減額したいとしている。
欧州での習近平氏訪問のニュースの一方でアジアはこんな感じ

>

> マレーシアに続きパキスタンも、中国の融資額1、2位が反旗翻す?
一帯一路の生命線、経済回廊計画暗礁へ

2019.3.27 末永恵

貿易赤字の3割強は対中赤字
対外債務の4割強が中国からの融資

パキスタンとマレーシアは中国による一帯一路融資額でアジア諸国の1位、2位
共に上司の出身国、興味深い
日中友好条約40周年の一帯一路構想協力の意図するもの
一帯一路構想、協力とはAIIB(アジアインフラ投資銀行)と世界銀行とADB(アジア投資銀行 日米)の協力開発が真意であり、
中国の投資の罠を阻止する役目を果たしている。
典型的な中国への依存過多型国家のパキスタン。中国との蜜月を演出する一方で、脱「一帯一路」も動き始めている。末永恵さんのコラム。  パキスタンはコスト削減も見据え、公開入札を目論む。
一帯一路の生命線「中パ経済回廊」計画そのものが頓挫する可能性も浮上してきた。パキスタン・カーン首相は「パの400近い一帯一路プロジェクトが『政治的動機』だ」と非難し一帯一路プロジェクトの見直しを進めていく構え。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR