TOP > 政治・経済 > あなたの会社は「天才」を飼い殺しにしていないか? 社内に埋もれた「天才」を、活かせる組織に変える法 | JBpress(日本ビジネスプレス)

あなたの会社は「天才」を飼い殺しにしていないか? 社内に埋もれた「天才」を、活かせる組織に変える法 | JBpress(日本ビジネスプレス)

33コメント 2019-02-27 06:47 | JBpressキャッシュ

企業にとって重要な「イノベーション」、それを打ち出せるのは一握りの天才だけだ。それなのに、組織はときに天才を殺してしまう。イノベーションの源泉をなぜ組織は自ら消し去ろうとしてしまうのか。話題の新刊からその構造を探る。...

ツイッターのコメント(33)

@JBpress

天才だったら良かったんだけど、自分の場合はただ協調性が無くて興味が偏ってて自由奔放で極度なコンプレックス持ちなだけで偏差値の低い使えないコンテンツしか持ってないから役に立たない。どうしたらいいの…
自分を天才とは言わないが、こういう雰囲気が職場にある。
天才、秀才、凡人の関係性がしっくりきて納得した…。
天才は「創造性」、秀才は「再現性=論理性」、凡人は「共感性」に長けている。それは組織の中に、そして自分の中にもいる。|
@kumiko_ これも新日のあれこれに当てはめて読むと面白いです
飼い殺されたから起業した
✔️安定した成果を手堅く狙うか、天才を活用して驚異的な成果への挑戦に賭けるかという、基本戦略の違いであって、エスタブリッシュメント系大企業で天才を活かしてイノベーションを狙うのは、そもそも無い物ねだりであり、無理にやると組織が崩壊する恐れがある。
@JBpress
大企業病とはこういうことだろうな -
✅天才:独創的な考えや着眼点を持ち、人々が思いつかないプロセスで物事を進められる人
✅秀才:論理的に物事を考えシステムや数学、秩序を大事にし、堅実に物事を進められる人
✅凡人:感情やその場の空気を敏感に読み、相手の反応を予想しながら助ける人
埋もれた天才を開花させるには、若いうちに天才と一緒に仕事をするのがベスト。天才の近くで学ぶことで、現在の自分との実力差を逆算して足りない実力を伸ばす競争心が生まれる。
その性質上、必ず多数派にはならないですからね。
そうすると基本的に大多数からすれば異分子で、変なやつでしょう。
そして人は他の人と同じ意見だと安心するっていう性もあるでしょうし、異分子は違うからおかしいとし...
飼い殺しにされる時点でそれは天才ではないだろ。
・凡人は秀才のことを天才だと勘違いしている
・秀才は成果を出す前の天才を「コミュニティの和を乱す異物」という認識

▪️天才は「創造性」
▪️秀才は「再現性=論理性」
▪️凡人は「共感性」
あなたの会社は天才を飼い殺しにしていないか?
タイトル良い。内容も半分くらいははいはいわかるって感じた。あと半分は知ってた。だから自分が排除されるんだなって。変わること自体を闇雲に怖がるやつら99%。仕事をするっていうより、会社にいるってことだけが大事な人達
色々な組織を見てきたけど、組織の老化ってのは本当に肌身に感じる時がある。組織の若返り化と、天才の呼び戻しというのは根本的に違う。
ワクワクする記事。
ほらほらw
してるよ。
Boy meets girl.
多数決への考えは賛成
縦の根回し、横の根回し。自分の中のリトル天才、リトル秀才を探し出す。
「天才」は価値はどこからか。それは発想を出した後。そこからは、中間が期間と予算を調整し人との渡りを付け、細々した事をしますので、後はお払い箱もあります。新規の発想を常に吸収し継続的な進化を促す人材が会社にとって良いのかも知れません。
出る杭を打つのではなく、
出る杭を伸ばす会社が強い。
異端を活かす、そんな会社であり社会でなければ!
元天才の発掘か。かなり面白い記事!今日の北野唯我さんとサイボウズ山田副社長のイベントがより楽しみになったきた。
弊社かな?????
後で読む / (JBpress(日本ビジネスプレス))
イノベーション不全に陥る構造的な要因を、 の理論を用いてpwcとマーサーでご活躍された組織コンサルタントの松本さんが解説してくださっている。
PwC、マーサー、アクセンチュアなどの外資系大手のコンサルティング会社などで24年以上、人事と働き方に向かってこられた人事戦略コンサルタントの松本利明さんがテンコロを推薦してくださっている!🙇‍♂️

@Tommy_matsumoto
あなたの会社は「天才」を飼い殺しにしていないか?(JBpress)

根回しがイノベーションを破壊するってのは容易に想像がつく。ほとんどの人が川淵三郎ばりの突破力なんて無いから、起案一つ通すのにも多大な労力を要する。既得権益者達は現状維持を望む。待つのは緩慢な死。
天才は受け入れられずらい、本当にそう思います。やはり当たり前すぎる話ですが、トップのコミット(天才を生み出す、育てる)が最も大切だと思います。 / (JBpress(日本ビジネスプレス))
人は自分以上の存在は認めたがらないから有る意味仕方ないかな。 
あなたの会社は「天才」を飼い殺しにしていないか?(JBpress)
組織で不幸なのは「天才だと思う秀才」「秀才だと思う凡人」「凡人だと思う天才」が混ざっていることなのかも、と思ったりします。→
以上
 

いま話題のニュース

PR