TOP > 政治・経済 > 図星だったのか? ロシア政府を怒らせた私の論考 カギは北方領土の軍事的価値、ロシアが過敏に反応した理由とは(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)

図星だったのか? ロシア政府を怒らせた私の論考 カギは北方領土の軍事的価値、ロシアが過敏に反応した理由とは(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)

11コメント 2019-02-19 06:22 | JBpressキャッシュ

2019年1月23日にJBpressに掲載された拙論「誰も指摘しない北方領土の軍事的価値」に、意外なところから反応がありました。ロシアのメディア「スプートニク」や「タス通信」などです。(1/4)...

ツイッターのコメント(11)

>しかし、ロシア国内では、その事実(日ソ中立条約違反の暴挙)は知らされていません。
>ロシアの世論では、返還に反対する意見が多い理由の1つに、ロシア人がこの(日ソ中立条約)違反の事実を知らないことなどがあります。
この方どなたか存じませんが、氏のおっしゃる「論考」など、すでに語りつくされている内容ばかりで殊更目新しさもありませんが。
@JBpress「中国と異なり、ロシアは、国外の不都合な情報をシャットアウトすることまではしていません。そのため、拙論がネットなどを通じて国内に広まることを避けたかったのかもしれません」
が信用を失くしている根源的理由はここにある訳だね。
JBpressで書かせて頂きました。
前回記事に対して、ガルージン駐日大使などから反応があったことへの分析です。
軍事的価値の北方四島、之がロシアの占領本心 日本国民の甘い要望は通じない、戦争で勝たないと取り返せない現実。人口世界11位の日本が核武装し軍事力強大化すればロシアは逃げ出す。
ありそうな話。

《もう1つ考えられるのは、「米軍が北方領土にイージス・アショアを設置する」という推論が、ロシアにとって都合が悪いものだったという可能性…》
③ 北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するため、北方領土に米軍がイージス・アショアを設置する可能性
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR