TOP > 政治・経済 > 勢いはここまで? 暗雲が漂い始めた自動運転の未来 IoT時代、<自動運転の未来予想図>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

勢いはここまで? 暗雲が漂い始めた自動運転の未来 IoT時代、<自動運転の未来予想図>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

自動運転はエヌビディアのジェンスン・ファンが華々しく登場したCES 2017から3年目を迎えて、まさに「踊り場」を迎えている。自動運転関連で今回、唯一、尖度と鮮度ある提案と感じたのが「レジリエント」(Resilient:復元力のある)テク...

Twitterのコメント(11)

CES 2019でラスベガスに滞在中、ストリップ大通りやメイン会場のラスベガス・コンベンションセンター周辺で何度も「目撃」することになったのは、真紅のアルミホイールが印象的なBMWである。...
すべての環境に対応するのは難しいのかもしれない。
暗雲が漂い始めた自動運転の未来IOTToday
*AI研究の端くれとしては先ず無人化は完全な自然環境制服は無理!自動運転もタクシーに適用するのはクレージ=!AIによる事故回避システムに方針転換し、自動運転も天気の良い高速道路等に限るべき!無人はNO!
やはり来た、自動運転の怪しさ、
共創も、企業間で成り立つも、
市民、が、いや、人間がそこまで
スマートになれるのかなぁ
ワークビークル凄くいいな。自動運転技術はこっちの方向で発展してほしい。 /
→少子高齢化の日本に一番必要な自動運転車は公共交通の担い手であるバスとタクシー。若干ずれるが、電車も自動運転化を推進すべき。ゆりかもめの実績データも役立てよ!
いわゆる幻滅期なのかな。業界からすると環境に変化があったわけでもなく、粛々と進めているんだけど。
なぜ暗雲? エヌビディアの株価下落はともかく、センサーとして期待されるライダーが雪や霧に弱いだとか、実は私有地内の地図がなかったことに今更気づくだとか、根本的な話もある。その中で、用途が限られているよう...
ヌビディアがコレだもんねえ。世の中わかんないね。こわい。
「死んだふり」w
自動運転の風雲児・エヌビディアを襲った「不幸の連鎖」
IoT時代、<自動運転の未来予想図>が変わる (JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事)
以上

記事本文: 勢いはここまで? 暗雲が漂い始めた自動運転の未来 IoT時代、<自動運転の未来予想図>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

関連記事