TOP > 政治・経済 > 欧州で急速に高まる中国企業への警戒感 中国人経営者に足りない外国経済社会・文化を尊重する見識とセンス(1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

欧州で急速に高まる中国企業への警戒感 中国人経営者に足りない外国経済社会・文化を尊重する見識とセンス(1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

中国企業がフランス各地で引き起こしている問題は深刻だ。ある地域では中国企業が大規模な牛乳工場を建設し、近隣の農家と生乳買い付けの契約を結んだ。しかし、フランス現地での需要予測をきちんとしていなかったため、販売不振で大量の在庫を抱え、近隣の農家との契約を打ち切らざるを得なくなった。(1/6)...

Twitterのコメント(19)

最近のトレンドである中国経済の急速な成長という背景が、中国人経営者の他文化理解と尊重の大切さを損なっていて、それは中国だけではなく日本でも起きているとのこと。

まあ、完全に個人の努力だねって結論だった。
欧州で急速に高まる中国企業への警戒感(JBpress)

欧米の中国人警戒感は強い。そのやり方のエグさから、日本人や他のアジア人もとばっちり食ってる😡日本もおかしな観光客誘致のインバウンドやめて自国保護をして欲しい😡土地と資源買い占めには特に要注意❗️
小さなワイナリーは中国企業に買収された後、買収した中国人はワインづくりに興味を失ったのか、そのワイナリーの手入れをしなくなった。1つのワイナリーが手入れを怠り、そこから感染病がブドウの木に広がれば周辺のワイナリーは全滅
中国人の投資のいい加減さ、成金ぶりの悪例。
全く持って見当違いな記事内容だ。この記者は中国に忖度でもしているのだろうか。必要なのは文化包容力などというものではなく、何にでも値札を付けて取引する過剰な市場経済への歯止めとチャイナマネーから身を守るための自衛策である。
せやからアンチ中国が正しい。
ある小さなワイナリーは中国企業に買収された後、買収した中国人はワインづくりに興味を失ったのか、そのワイナリーの手入れをしなくなった。

1つのワイナリーが手入れを怠り、そこから感染病がブドウの木に広がれば周辺のワイナリーは全滅する。
(´・Д・)」買収リスク・・・
地球の嫌われ者「臭近平チャイナ」だね。日本もウカウカできない。北海道の家も建てられない「調整値」を爆買いされている。本国の汚染川で北海道に目をつけた。
日本企業も人のこと言えないし、国民性からそもそもかけ離れている。 /  中国人経営者に足りない外国経済社会・文化を尊重する見識とセンス (JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事)
▶中国は異様な中央征服型国家文化であり、今の中国は中国流の新たな新植民地主義そのもので中国国内と同じように世界を中央集権的に制覇する欲望に満ちています。過去世界を制覇することも受け入れられることも、本質で無い国です。
仕方ない
だって中国だもん。

欧州で急速に高まる中国企業への警戒感(JBpress)
現代のホロコースト、ウィグル人再教育キャンプをやってるような国、つまりは、戦時中のナチスドイツ下の企業と商取引したい各国企業が未だにいるようなものである…》
崇高なご意見です。中兇でなければ……。
「2016年には27億ドルに達したドイツ企業の対中直接投資総額が、、2年間で3分の1にまで減少する可能性がある」欧州で急速に高まる中国企業への警戒感(JBpress)
は現実です。
世界中で行われる中国人の傍若無人な振る舞いや中国政府の傲慢な態度は顰蹙をかって当然の成り行き。
中国企業は莫大な資金を持っているため、気軽に海外で企業買収を行うが、相手国に対する配慮の不足が様々な問題を引き起こしている。瀬口清之さんのコラム。  欧州における中国企業に対する警戒感は、中国の脅威の高まりと重なる。
以上

記事本文: 欧州で急速に高まる中国企業への警戒感 中国人経営者に足りない外国経済社会・文化を尊重する見識とセンス(1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事