TOP > 政治・経済 > 社長が本気でコミットすると「働き方改革」が失敗する理由 「働き方改革」のセオリーにありがちな落とし穴の「傾向と対策」(その1) | JBpress(日本ビジネスプレス)

社長が本気でコミットすると「働き方改革」が失敗する理由 「働き方改革」のセオリーにありがちな落とし穴の「傾向と対策」(その1) | JBpress(日本ビジネスプレス)

13コメント 2018-08-10 07:35 | JBpressキャッシュ

世間で言われる「働き方改革」のセオリーの9割は、実は間違っている。例えば、トップが働き方改革にコミットしすぎてしまうと、その改革は失敗に終わる可能性が高くなってしまうのだ。なぜ残念な結果になるのか。ありがちな落とし穴と、そこにはまらないための対策を解説する。...

ツイッターのコメント(13)

確かに、「仕事のやり方にカンニングはない」ですね。
どれだけ他人を真似して良い部分を吸収できるか、ですね。
→ こっちが前回の記事っぽい。どちらも後で読む。
「働き方改革」のセオリーにありがちな落とし穴の「傾向と対策」(その1)
8/10 〜今の仕事をこなすのが精一杯で余裕がない現場では、新しいやり方より、今の延長線上の「目の前の我慢と工夫ですぐ出来そうな効率化」を選ぶ。抜本的な効率化に程遠く、働き方改革=「稼ぎ方改革」できない〜
1日8時間、週40時間に拘りすぎるから失敗する。
結果だせれば自由にやりゃあいい。 / 「働き方改革」のセオリーにありがちな落とし穴の「傾向と対策」 (JBpress(日本ビジネスプレス))
働き方改革について社長のコミットは必要だと思う。
給与体系含め工夫できるのは、社長(経営陣)だからだ。
記事中では社長がトップダウンで効率化しろと、要求だけ押し付けると現場...
結局はおじいさま達次第でしょ!
働き方改革にとどまらず、会社制度は他社の良い制度をマネしてみることは良いこと。他社と全く一緒の制度を入れたとしても、最後はオリジナルな制度に進化していく。 / 社長が本...
「働き方改革」に社長がコミットすると実は失敗する
「最初から最後までクライマックス症候群」なんてあるんですか?モモタロスかと思いましたよ。

「働き方改革」のセオリーにありがちな落とし穴の「傾向と対策」(その1) | JBpress(日本ビジネスプレス):
最初から最後までクライマックス症候群…。

「働き方改革」に社長がコミットすると実は失敗する
以上
 

いま話題のニュース

PR