TOP > 政治・経済 > 本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

ルンバとアレクサの絶妙なマリアージュによって、企業のAIが「目」と「耳」を使って収集するかもしれない個人情報。「個人情報保護の法規制のスピード」よりも「AIやIoTによる破壊的イノベーションのスピード」の方がはるかに速いのは今に始ま...

Twitterのコメント(14)

ルンバ&アレクサ (Amazon Echo) の併用により、自宅の間取りデータと家人の生活パターンが取得&生成され、個人データと共に転売されるというトンデモ陰謀論であった(笑)
ルンバの前でオナシャスするシンジ君なお話
なお、今のルンバは室内構造をマッピングできる
IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる (JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事)
掃除ロボで情報収集、スマスピで情報は筒抜けw

ルンバは「目と触覚」、アレクサは「耳(と口)」の機能を分担し、「テキストや数値ではない、定性的な個人情報」収集をより完璧に行う上で見事な補完関係にある

「ユーザーの家庭内においては、ルンバは「目と触覚」、アレクサは「耳(と口)」の機能を分担し、「テキストや数値ではない、定性的な個人情報」収集をより完璧に行う上で見事な補完関係にあるとも言える」
僕の生活が快適になるなら全然問題なし。

マーケティン...
もう人が人を信用しきれてない時代になったんだね…朝岡崇史(あさおかたかし)
株式会社ディライトデザイン 代表取締役も根っこで人を信じきれない人なのかもね。
面白便利な話かと思ったらとんだエドワードスノーデンだった。/
目と耳からの情報はほぼ全て取得されそうですね。

生活が豊かになるなら良しと思いますが、プライバシーはやっぱり気になりますね。 /  IoT時代、<個人情報の種類と収集...
やっとここまで来たか。誰よりも早くルンバ買ってきたが、980はもっと成熟した買い時までもう少し様子見するかな。
アイロボット社を海外のディフェンス・セキュリティ系の展示会でよく見かけていたから、家の中の情報収集をしていても不思議ではないなと。 /  IoT時代、<個人情...
「ユーザーの家庭内においては、ルンバは「目と触覚」、アレクサは「耳(と口)」の機能を分担し、「テキストや数値ではない、定性的な個人情報」収集をより完璧に行う上で見事な補完関係にあるとも言える…」/
ルンバとアレクサによるスパイ活動?
知らなかった〜ルンバとアレクサを連携させるとこんなに便利でかつ恐ろしいとは! →
以上

記事本文: 本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

関連記事