TOP > 政治・経済 > 働き方改革のためには「消費者の意識改革」が必要だ 「お客様は神様」の呪縛から、「お客様もどこかの労働者」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)

働き方改革のためには「消費者の意識改革」が必要だ 「お客様は神様」の呪縛から、「お客様もどこかの労働者」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)

働く人たちを苦しめている大きな問題がある。クレーマーの問題だ。「クレーム対応」は、なるべく問題を発生させないようにと、企業や学校、公務員を過敏にさせ、膨大な業務量につながる要因の1つになっている。それにしても、どうしてこうもクレームの多い国になってしまったのだろう?...

Twitterのコメント(11)

働き方改革のためには「消費者の意識改革」が必要だ(JBpress) お客様って言葉を無くそう
お客様もどこかの労働者ってたしかにそうですね。
みんなが優しくなればいいのに / (JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事)
「消費者も、どこかで働く労働者なのだ。ならば、働く人の意識改革というよりも、消費者である私たちの意識を変えたほうが、世の中はもっと生きやすくなるし、楽しくなる」。そうそう。
働き方改革で問われる「消費者の意識改革」
消費者も労働者
ドタキャンされたら誰だってイヤでしょ?
相手の立場に立って物を考える、思いやり、そゆことだよね。
確か道徳の授業で習うはずなんだけどなぁ。

働き方改革で問われる「消費者の意識改革」 消費者も労働者
失われた20年とは? / “ | JBpress(日本ビジネスプレス)”
JBPressに新しい記事を掲載して頂きました。
働き方改革のためには「消費者の意識改革」が必要だ(JBpress)

ずっと言われ続けてる事なんですけどねぇ…。自分自身を客観視出来るか出来ないか。自分が相手側の立場に立ってみたらどう思うのか。自戒を込めて。
消費者だって、どこかで働く労働者
以上

記事本文: 働き方改革のためには「消費者の意識改革」が必要だ 「お客様は神様」の呪縛から、「お客様もどこかの労働者」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事