TOP > 政治・経済 > 「放送しない自由」は国家の破滅を招く 外国による日本併呑の危機が迫る時代の国民の心構え | JBpress(日本ビジネスプレス)

「放送しない自由」は国家の破滅を招く 外国による日本併呑の危機が迫る時代の国民の心構え | JBpress(日本ビジネスプレス)

11コメント 登録日時:2018-07-17 07:33 | JBpressキャッシュ

「報道しない自由」が、モリ・カケ事案では堂々と大手を振ってまかり通った。報道の自由は、新聞社や放送局などのメディアの権限に属することかもしれないが、問題は「公正」を排除した「自由」になっていないかということである。...

ツイッターのコメント(11)

淡々と事象を伝えるのでなく、演出された筋書きに沿って伝えようとするという点で、日本の報道は戦時中から何ら変わっていない事に驚きます。
>NHK筆頭に日本のマスコミの傲慢、横暴、フェイク、偏向報道はもはや看過出来ないレベル!、議員にできないのなら国民が声を上げるしか🍐!
本当モリカケ問題とかどうでもいいんだよな。
全然公平じゃないよね。
日本を取り戻せ‼️
テレビ局の既得権は酷いものですね。
メディアはそろそろ目を醒ますべき‼️
(;゚д゚) エッ…
マスゴミは国家(日本)の破滅を画策しているんだろ。
当然の事を今更言われてもなぁ。
国民の多くは電波オークションを望んでいます。電波は国民共有の財産です。
以上

記事本文: 「放送しない自由」は国家の破滅を招く 外国による日本併呑の危機が迫る時代の国民の心構え | JBpress(日本ビジネスプレス)

いま話題の記事