TOP > 政治・経済 > 顔認証システム「天網」にみる中国の深謀遠慮 IoT時代、<AI監視カメラの役割>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

顔認証システム「天網」にみる中国の深謀遠慮 IoT時代、<AI監視カメラの役割>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

顔認識システム(Face Recognition System)とは何か。それは、監視カメラのデジタル映像から個人を自動的に識別するためのソフトウエア技術であると同時に、IoTを支えるAI基幹技術のひとつでもある。今回は、中国本土で導入が急ピッ...

Twitterのコメント(14)

@AlexandreKrausz 顔認証システム「天網」
わずか7分で身分と居場所が特定され、公安当局に「疑似的に」拘束
映画みいな未来を中国はどこの国よりいち早くやってのける驚き!!てか監視社会乙。
中国の顔認証システム進んでますね。お国柄ですかね?
平野啓一郎氏の『ドーン』を思い出した。あれは「散影」だったかな?どんどん現実があの小説の世界に近づいていくような。
イメージ、リアル版のGoogle検索?
これが当たり前になると、不満も出てこなくなりそう、
天網恢恢 / Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタ…”
1億7000万台の監視カメラ/信号機の数よりも街頭監視カメラの方がはるかに多い/窃盗やひったくりのような軽犯罪が明らかに減り、都市の治安はかなり良くなった/中東や東南アジアの国へインフラごと輸出する可能性 / “顔認証システム「…”
2015年には農村部を除く中国全土の全都市が100%カバーされ、2020年には中国全土を100%カバーする。わずか7分で身分と居場所が特定できる。
「天網」と聞いてフロントミッション3を思い出すのは私だけですかね / Thi…”
虹彩認証とは? / Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケー…”
Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎…”
これをビジネスに展開するアイディア考えてー
自動運転を睨んだ歩行者監視システムか
以上

記事本文: 顔認証システム「天網」にみる中国の深謀遠慮 IoT時代、<AI監視カメラの役割>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

関連記事