TOP > 政治・経済 > 科学者として考えた杏果がももクロを卒業した理由 ももクロが直面した「かなわない夢」 | JBpress(日本ビジネスプレス)

科学者として考えた杏果がももクロを卒業した理由 ももクロが直面した「かなわない夢」 | JBpress(日本ビジネスプレス)

87コメント 登録日時:2018-01-23 06:33 | JBpressキャッシュ

有安杏果はなぜももクロを卒業したのだろうか? この謎について、人間の決断の認知的背景に関心を持つ科学者の立場から、推論してみたい。...

ツイッターのコメント(87)

ももかの卒業後、色んな憶測が飛び交う中、この記事の内容が自分的にはかなりしっくりきた。ももかが卒業して、まだモヤモヤが残ってる人はこれを読めばスッキリするはず。
ももクロというアイドルと、モノノフというファンの、科学的なお話。とてもよい。
読んでない方読んでみてください...!

俺もさっき読みました。。。
表現者であるがゆえに求めた自由、かぁ…
考えてたことだいたい書いてくれてる。
ももクロは卒業という形だったけど、アーティストとして必ず帰ってきてくれると思ってる。
5年後、10年後になるかもしれないけど、また歌声を聞けることを楽しみにしてる。
なんつーか、科学者って大変だなと思わせられる記事。素直に「カムバック待ってる」って書けば10文字行かずに想いを伝えられるだろうにw
いまだに杏果の卒業にモヤモヤしているモノノフに読んで欲しい。
科学的見地から分析と言いつつ、愛ゆえにポジティブ方向に目が眩んでる感じもあるけど、そういうところも含めて良い記事である。
すごくしっくりくる。
どんな形でも、いつか戻ってきてくれるの、待ってるよ。
”開放性の高い人にとっては、周囲の評価はどうでも良い。また、自分の才能に満足することはあまりない。常により高い水準に、あるいは何か新しいことに興味を抱くので、なかなか自己満足ができないのだ。”
"開放性の高い人にとっては、周囲の評価はどうでも良い。また、自分の才能に満足することはあまりない。常により高い水準に、あるいは何か新しいことに興味を抱くので、なかなか自己満足ができない"
とても合点のいく分析。
腑に落ちた感じがした。
何かまた別の形で杏果に会えそうな気がする。
この文章のすべてに共感したわけではないけど、私もももかはいずれ帰ってくるんじゃないかなとは思っている
メンバー間の確執とか、契約問題とかじゃなくてこういう事だったら本当にいいなぁ。
『彼女はいずれ自分なりの表現手段を見つけて、クリエーターとして頭角をあらわし、ももクロファンの前に戻ってくるだろう』⇒
CAPA6月号でも「自分の歌をイメージした写真をとりたい、写真をイメージした曲を書きたい」て言ってたしね
ももクロちゃんたちを褒めつつ分析する感じで良かったし面白かった。
この説は現場に居合わせたノフとしてはなんだか納得いくところもある
秀逸かつ興味深い分析
杏果ちゃんロスで悲しんでる人に少しでも希望の光を…😺

↓Googleアシスタントが提示してきたやつ
色々な持論を書く人がいる中でこれが一番的を得てる この通りだとあたしも思うしみんなにも思ってほしい
科学者として考えた杏果がももクロを卒業した理由( ちょ..矢原センセ..
凄く良い記事。
同じ人か分からないけど、ここの紅白卒業時の記事も良かった。冷静で説得力あって前向きで、何よりももクロに対する愛情が感じられる。
杏果の事好きな人は特に読んだ方が良いと思います。
俺、待つの趣味だから。。。
どのような形であれ杏果がいつか僕たちの前に戻って来ることを今は信じたい
とても納得のいく全方位に否定的懐疑的な部分がない文章でした👍
クリエイターとしての心の乾きを満たすため、さらに前へ進むための選択。
今あるものを捨てて自由を獲得する決断にはエネルギーが必要だろう。常にストイックに己を磨いてきた有安さんだからできたこと。この先の成長も信じられる。
すごい説得力と希望に満ち溢れた推論。素敵。
そして私がなぜ今 普通の生活を送っているのかわかったわ←
これ素晴らしい記事
杏果ちゃんのさらなる活躍を応援したくなったので…!
ちゃんとした分析で、的確な記事やな。
なるほど
興味深い考察です
いつか杏果がももクロの歌を作曲してくれたらいいなぁ
道が2つに別れ、また1つに交わる物語
ももクロ陣営が好む展開
期待して今は4人がどんな物語を紡ぐのか楽しみにです
やや主観も多いけど
納得はしやすい
腑に落ちる分析。 -----
まだももかの卒業について消化できてない人に是非読んで欲しいニュース
期待して待つことにする。
これは確かに良記事。→
実に興味深い。
良記事でした。
なりたい自分に向かって頑張ってください。
バースデーブックで杏果がしおりんのソロコンを演出したいと言ってたのを思い出した。

杏果が
良記事。開放性への言及はかなり説得力がある。
モノノフの方々はほんとすげぇなぁと思う次第。アイマス声優さんがステージを降りる事になったときに俺らはこんな風に送り出せるのだろうか
よく分析されてる。。
私が考えていたことが大体書いてあったので引用させてもらいます。
よく整理されているし、一般の人にとっても、ノフにとっても分かりやすい記事だと思う
たぶん、そういうことなんじゃないかなー、とは思う。まあ想像に意味はさほどないけど、前向きなエールを送るかぎり、他人が想像するのは罪ではないと思いたい。
さすが科学者。非常にクリアな考察。ももクロをよく知らない方々にも読んでもらいたい。モノノフが有安杏果の卒業に困惑した理由も含めてよくわかる。
だと思うの密かな期待を持ちつつ我々の前に戻ってくる機会を待ちたいと思うのです。
ももか卒業の科学的アプローチ。
これだけ多方面からの言及があるのを見るにつけ、今回の卒業劇はインパクトあったんだなぁ。
科学的なのかはわからないけど、プラスに記載してもらえと救われる。そんな今日この頃・・・/
すげーわかる。やりたいことがあるのに、組織やしがらみに時間と労力を奪われる苦痛
お昼休みに読みます!
開放性が高く自由を求める性格か。なるほどね。
これはいい科学的妄想。
『私の推論が正しければ、有安杏果は、何らかの形でファンの前にきっと帰ってくるだろう。』
とりあえず筆者がゴリゴリのモノノフであることはひしひしと伝わってきた。
創造活動に必要なのは自制心よりもむしろ自由である。彼女の気持ちの中で、自由な時間がほしいという思いが次第に強くなり、その思いを抑えることに「疲れ」て、ついにももクロを卒業するという決断に至ったのだろう。
個人的には心の収めることの出きる読み物。推定理由なんてエゴだけど早く傷が塞がる薬にもなる。今、応援したいけど昨日の晩、録画のCHAN敬遠して見れなかった。今晩こそ見よう。
愛のある文章です。
きっと帰ってくる( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧
自分が感じていた事が具体的に考察されていて嬉しい!
おもしろかった
タイトル詐欺にも程があるちょっとネット見れば分かることつらつら並べてるだけ。長いだけ。読んで損したなめんな
いい文章だと思う。
「歌え。生きるために」と彼女をアジった事に罪悪感をおぼえはじめてきたんですが、この文章で少し救われた気がします。ありがとうございます!
これ読んでたら、なんとなくスッキリした気がする
長文読むのがツラいバカなウチでも食いついた記事です、オススメします(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧
こんな記事見つけた。
本とのところは解らないが
概ね、この内容に同意
すばらしい記事でした。
ももクロは、本当に色々な方面の方々から愛されてるなぁと思った
なるほど。ちゃんとした分析だった。
以上

記事本文: 科学者として考えた杏果がももクロを卒業した理由 ももクロが直面した「かなわない夢」 | JBpress(日本ビジネスプレス)

いま話題の記事