TOP > 政治・経済 > 100年人生の時代、もうキャリアに“成功”は必要ない 「60年職業キャリア」から「100年ライフキャリア」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)

100年人生の時代、もうキャリアに“成功”は必要ない 「60年職業キャリア」から「100年ライフキャリア」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)

このところ、「100年人生」という言葉をあちこちで聞く。100年人生の時代には、終身雇用で勤め上げた会社を60歳で定年し、隠居生活に入る、そんなキャリア観はきっと過去のものになる。そこでここでは、「キャリア観」のこれまでの変遷と、これからどのように変わっていくのか、考えてみたい。...

Twitterのコメント(16)

職業というのは人生における重要な役割。
でも大きな比率ではあるけれど、ひとつの役割であることには変わりない。

仕事だけしてればなんとかなるという時代ではないからこそ、どう生きたいか、どう在りたいかというライフキャリアから考えないと、人生の迷子になる。
「一人ひとり異なるライフキャリアに優劣などはなく、ライフキャリアに“成功”という考え方はそぐわない。」「100年の人生で、私らしいライフキャリア・レインボーを実現できたら、それはきっと、とても豊かなものだろう。」
スーパーわかりやすい
この考え方だと幸せを描けますね。/
100年生きようが、生きまいが…どっちでも良いけど…
なるほどと思った。
明日死ぬかもしれないし、生きていても病気や障害を抱えながらの人生になるやもしれないしね。
「生きる」ことの意味をシフトさせないと…
これからは、『わたしらしい、キャリアの「組み合わせ」』

全くその通りだと思う。
ただ、そのためには大学時代の準備が大事だよ。ほんとに♪

「100年人生の時代、もうキャリアに“成功”は必要ない」
ずっと考えていかなきゃいけないとか世知辛いこれからだ
寿命が100年あるなら50年は人間らしい生活を送りたい。

「60年職業キャリア」から「100年ライフキャリア」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)
言ってることはだいたい同感。
でも結論に新規性とか面白みは感じられない。ライフキャリア・レインボーの図ももう少しわかりやすいと良い。

@JBpress
私たちは今、「職業キャリアの成功」から「ライフキャリアの充実」にパラダイムが変わる転換点にいる。
「職業キャリアの成功」から「ライフキャリアの充実」ヘ。想像もできない未来が来る。/ 「60年職業キャリア」から「100年ライフキャリア」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)
ライフキャリアレインボーは初めて目にした ▶
洗脳するな。100まで生きるなど、誰が予想できる?
無責任なことを書くな。
以上

記事本文: 100年人生の時代、もうキャリアに“成功”は必要ない 「60年職業キャリア」から「100年ライフキャリア」へ | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事