TOP > 政治・経済 > 中国が抱える意外な弱み「食料自給率の低下」 米国が本気で怒ると中国人の食生活に何が起きるのか | JBpress(日本ビジネスプレス)

中国が抱える意外な弱み「食料自給率の低下」 米国が本気で怒ると中国人の食生活に何が起きるのか | JBpress(日本ビジネスプレス)

19コメント 2017-08-21 06:19  JBpress

中国にとって、石油と同様に海外から大量に輸入するものが現れた。大豆である。中国で肉と言ったら豚肉を指すが、現在、中国人が食べている豚肉は大豆ケーク(大豆の絞りかす)を使って生産されている。

ツイッターのコメント(19)

@hiroco2003  中国は食糧自給率が低下しているんでしたっけ。でも輸入が途絶えない限り、問題ないような。とりあえずコロナ騒ぎあっても物流は問題なさそうだけど
@5Vwqf2LRSYd32oL @Sankei_news 今回の件といい、この記事といいどうすんですかね?

これ、明らかに内政失敗ですよねwww
中国は日本よりも自給率が低いようです。アメリカからの輸入品に関税欠けてたら物価が上がりますよ、凄く(@@;
トランプさん、エグイねえ(^^;
@pixl_jasa @Houboku01 隣に大食らいの国があって、獲得競争が激化しかねないのに。
@daitojimari @ikyumori @kekeyon3 去年の記事ですが、これで価格が上がらないわけがないですね。
2017年8月21日の記事だが、備忘録として。 /
海外から食料やエネルギーを輸入するって、よくよく考えたら恐ろしい事だよね。
米国が本気になって怒れば、中国人は豚肉を食べることができなくなるとか→
『中国が南シナ海やインド洋で米国との対立を辞さない行動に出るつもりなら、食生活の根本に関わる豚肉の飼料を米国やブラジルに依存するべきではなかった』 - @JBpress
迷惑大国の中国は多くの弱みがあるのだな。自滅する可能性が高い。
ななんでこんなにみんな残すの( ゚д゚)?沢山あって困らないからと言った中国人部下を思い出した。
米国が本気で怒ると中国人の食生活に何が起きるのか | JBpress(日本ビジネスプレス)

米国が本気で怒ると中国人の食生活に何が起きるのか [川島 博之]


こういう見方も出来なくはなかろうが、逆に言うと、中国にこうてもらわんと困るのよ、米国も(^^;)
日本も輸入飼料に頼ってるからなー
草を生産できない地域の畜産は飼料だけじゃなくて、牧草も輸入してる。
牧草を自分達で賄えるって阿蘇は畜産としてはめっちゃ恵まれてるな
②南シナ海制海権 不十分。米国怒れば 中国人豚肉食べれない。政権への怨嗟の声。飼料を完全自給できる体制 → 米国に喧嘩。マクロな視点 中国戦略 = 思いつきの連続 整合性 場当たり的。
中国にとって石油と同様に海外から大量に輸入するものが現れた。大豆である。中国で肉と言ったら豚肉を指すが、中国人が食べている豚肉は大豆の絞りかすを使って生産されている。
他人事ではありませんね。日本の食料不足はその中国から輸入をしているのですから、日本の農政に問題があったのは否めません。
中国の大豆輸入量は6000万トンを上回り、世界で交易される大豆の6割。中国の大豆自給率は2013年は16%にまで低下。川島博之さんのコラム。  中国は食料安全保障を完全に米国に握られてしまった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR