巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃 IoT時代、<企業のなりわい>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

IoT導入を境に、企業の「なりわい」(生業)は大きく変わる。企業とお客様はデータを媒介にして「時間」という軸でつながり続ける。既存のサービス業はもちろんのこと、現在はモノの製造や販売に特化している多くの企業も含めて、すべての産業は「お客さまの成果ベ...

Twitterのコメント(14)

たしかにそうなんだろなぁ。nvidiaとかまさに。
「未来を予知する最良の方法は、それを発明してしまうこと」(パーソナル・コンピュータの父、アラン・ケイの箴言)
産業、市場、業界、業種、などどいうフレームを、外したものから、次世代へ行ける、という示唆。これに気がついてくれる経営者、がいない企業に勤める人は、次のステップを真剣に考えた方が。
IoTという「破壊的イノベーション」が産業のランドスケープを変える副産物として、既存の業界や競合の概念も意味を失う。
「IoT時代の競争優位は、企業規模や目先のマーケットシェアではなく、『学習能力の速さ』 / “ -”
- IoTで変えるライフ...(15):
読んだ ☞ -
差が出てくる⁉️
読みました。| - マーケティング道場
IoT時代の競争優位は、企業規模や目先のマーケットシェアではなく、「学習能力の速さ」
何がどう変わるのか書いてないの最高にクール / “ -”
業界ニュース: IoT時代、<企業のなりわい>が変わる
- マーケティング道場 via
以上

記事本文: 巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃 IoT時代、<企業のなりわい>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

関連記事