福島・甲状腺がん「多発」? 原発事故との関連は 今、迫られる社会の判断~福島県の県民健康調査結果を受けて | JBpress(日本ビジネスプレス)

原発事故後、子どもの甲状腺がんが相次いで見つかり、手術もおこなわれている福島県。「県民健康調査中間とりまとめ」を今年3月に公表し、「日本全国における甲状腺がんの発症数などから推定される数よりも、数十倍多い患者数が存在している」と結論づけるも、その原因については、“放射線の影響とは考えにくい”としています。これらを一体どのように解釈す...

Twitterのコメント(51)

この記事はわかりやすい。
チェルノブイリの事故においては、事故時5歳以下だった子どもで症例が出てきたのは、事故から4年経ってからでした
※福島原発事故問題…福島県で子供の甲状腺癌が急増中!!それなのに政府は「因果関係は認められない」などと屁理屈を述べて責任逃避。我々日本人は今、確実にチェルノブイリ原発事故と同じ危機的状況に曝されています。国民よ、怒りの声を上げろ!!
ウクライナの医師のダビドゥバ先生は、チェルノブイリ事故の唯一の影響は、小児の甲状腺がんだと私たちは言われたのに、福島では否定するのですか?と言っておられたけど】
2016.5.13 池辺靖氏の記事(未読)
福島県で「ガン死」が増加している! 「甲状腺ガン」だけではない/ 警戒が必要なのは「悪性リンパ腫」宝島
東京を含む東日本で生活するのは危険なことになってしまった。
@akinokozo


福島で子どもの甲状腺がんが多発していますが、秋野議員の心から尊敬する恩師である山下俊一氏が福島から子どもたちを避難させなかったことは影響していませんか?
冷静にデータを分析した良記事だった 〉
自分でカスタマイズすると上に出てくるしな

"@tokaiama: グーグルニュースで甲状腺と入れると4番目に出てきた記事
"
@kazooooya おはようございます。これ  はYuri Hiranumaさんのツイで知りました。せっかくの分かりやすそうな説明なのでkazooyaさんのいわれるように、過剰診断へのよい注意が結論にあればと思いました。
池辺靖氏(日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任)の論考「 原発事故との関連は――今、迫られる社会の判断~福島県の県民健康調査結果を受けて~」(2016.5.13)
この記事にも、またいろいろな意見があるのだろうが、私には非常に参考になった。
後で読もう。
【 原発事故との関連は:今、迫られる社会の判断~福島県の県民健康調査結果を受けて】池辺靖氏   とても分かりやすい解説。放射能の影響による多発が怒っているのかどうか?科学者間でどのような争点があるかよく分かる。
"本稿では、福島県における甲状腺がん検査データの読み方について、専門家の間でどのような議論がされてきたのか、主要な論点の解説を試みます"
これは詳しい。よく分からんかった謎がほとんど解けた/
JB press 2016.5.13

~今まさに社会として優先して取り組むべきは、予防原則に則った正しい判断を下すことではないでしょうか?…蓋然性あるリスクに対して、積極的に対応する
関連性、ありますね。
酷い記事だ…福島の事故は規模も内容も違うのだが、参考にするならば「チェルノブイリの経験から」ではなく「チェルノブイリ事故の精査」であり、誤りを正すことだとでは?
「「放射線被ばくを原因とする、健康被害が今生じている」と仮定し、今隠れているリスク、今後起こるかもしれないリスクを想定して、起こりうる危機に備えること」
これは非常に冷静に書かれた、信頼のおける記事です。個々の論拠とその問題点・限界がていねいに解説されています。予防原則にもとづく提案にも賛成です。しっかりと引用文献がつけられている点もすばらしい(科学記事はこうであるべきです)。
科学的アプローチなので、読み込まないと。
まともなんだろうが、ちとわかりにくい。
@JBpress
「「放射線被ばくを原因とする、健康被害が今生じている」と仮定し、今隠れているリスク、今後起こるかもしれないリスクを想定」
丁寧な記事
科学未来館の方の整理。
非常にまとも。
著者が物理系の方のようなので懐疑的に読み始めたけど、ちゃんとリサーチして書かれてると思った。一般の人に向けては、これまでで一番分かりやすい記事かも。某方面からの必死の反論もあるけど。
原発事故が原因で無いならほかに原因があることになる。土地か、水や食物、住む者自体に因子があるのか?どっちにしても原因を究明しなければ風評は止められない。
大人と子供(小児)の場合で違う事を、意図的に無視されてるのでしょうか?
「福島・甲状腺がん『多発』? 原発事故との関連は」
日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任 池辺靖さん
かなり長文ですが、8.9.10.は読まれてはと思います。
ゆっくり読まないとよくわかんなかったりするので後で。。。。//
優先して取り組むべきは、予防原則に則った対応。「放射線被ばくを原因とする、健康被害が今生じている」と仮定し、今隠れているリスク、今後起こるかもしれないリスクを想定して、起こりうる危機に備えること。
《 今、迫られる社会の判断~福島県の県民健康調査結果を受けて/池辺 靖》 5/13
今のところなんとも言えないってことか・・・
←こちらのP10に関連記事あり!。
こういう冷静な議論こそが重要だ。私は何度でも「雁屋哲は外国で静かに余生を送れ」と言う。:
うぁ~、マジで長文だった…(>_<) この方って科学未来館の方かな? 取りあえず積読にしといたる。
日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任である池辺 靖が、平易な言葉でわかりやすく説明している。
「 原発事故との関連は今、迫られる社会の判断~福島県の県民健康調査結果を受けて」(池辺靖 JB Press)
長いけど黄泉応えあります!
・福島県における甲状腺がん検査データの読み方について、専門家間の主要論点を解説
・社会として現状をどのように捉え、今どのような判断を下すべきなのかを考える
目次:1-10 参考文献
1万人中5人以下で死亡することも無く今後下がっていくだけならたとえ原発由来かどうか調査するだけ無駄じゃんって声が聞こえる / “ 今、迫られる社会の判断~福島県の県民健康調査結果を受…”
岡山大・津田教授の関連あり説への反論。場所が違う。でも、「高線量地域ほど甲状腺がんの発病率が高いという傾向」は否めない、とな。  >
まともに比較する対照群を作れない。/「発生頻度が高い低い」ではなく、「課題の優先度を決める為の調査」をやるべき。原発をどうするかという事の検討より遥かに東日本をどうするかの検討の方が重要。 / “ 原発…”
承前)「原発事故との関連は」も何も、ガンを含めて、もう甲状腺に問題が起きることは科学的事実になってることなんだよ。何でそこから、話が始まんないんかなあ。JBPress:
以上

記事本文: 福島・甲状腺がん「多発」? 原発事故との関連は 今、迫られる社会の判断~福島県の県民健康調査結果を受けて | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事