千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか? 科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化

ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか? 科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化

2月26日、ドイツで衝撃的なリポートが発表された。EFI(Expertenkommission Forschung und Innovation=研究・革新専門家委員会)といって、2006年にドイツ政府によって作られた6人の専門家からなる調査グループの提出したリポートだ。そのEFIのリポートによると、「再生可能エネルギー法は、気候変動防止も技術の刷新も促進しない」という。...

Twitterのコメント(110)

@fukui183 @TVTOKYO_senkyo 参考になる記事をどうぞ。
良くまとまっています。
政治的ではなく経済面からみたお話です。
原発は減らすべきだとは思いますけどね。
それにドイツじゃ、再生エネルギー買取制度は間違いだったというのが、今の結論。
自然エネで嘘の脱原発のドイツで衝撃的なリポートが発表された♪2006年にドイツ政府によって作られた6人の専門家から提出したリポートだ。

ドイツの脱原発は大失敗!風力発電のアテは外れ進む産業空洞化♪しかも、原発フル稼働中なんやで♪
二言目には「ドイツでは,ドイツでは」と,馬鹿の一つ覚えで繰り返す反原発放射脳バカには不都合なドイツの現状。
「ドイツを見習え!」は間違い。川口マーン恵美氏が「脱原発のドイツを見習え」は危険すぎる間違いである」というコラムを寄稿。文中でEFIレポートを取り上げている。
なお、さらに困るのは、いくら再生可能エネルギーの電気が増えても、すべてはお天気任せなので、結局は火力発電も減らせないことだ。
『再生可能エ ネルギー法が気候変動防止に役に立っている事実はなく、電気代を高騰させているだけだというわけだ』
ドイツEFI(Expertenkommission und Innovation=研究・革新専門家委員会)再生可能エネルギー法を全面否定したリポートを発表。⇒ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?
日本にも共通した課題です。気候変動に貢献せず、技術開発力を弱め、さらに、電気代を高騰させる。再生可能エネルギー法の存続には正当性がない。
プラザ合意 東西冷戦の終結 壁の崩壊 東側を背負った西ドイツの経済政策だったわけでしょ。私は茂木大臣と違って 線で考えるタイプだから またどこかへ繋がってくと考えてる
この記事は今思えば、日本のマスゴミのとんでもない騙し記事なんだよな。ドイツは脱原発、自然エネルギーで成功してると思わせる為の騙し記事。実際ドイスは、自然エネルギー開発失敗の先進国なんだよ。皆、騙されてる。日本も同じ様に失敗するよ …
EUの環境委員会の委員長、オッティンガー氏(ドイツ人)もBild誌のインタビューで、再生可能エネルギー法の見直しを主張している
ドイツ人が気づき始めた現実
飯田哲也さん?もう、その批判はウソだと皆、理解されている♪@iidatetsunari 《川口マーン 惠美》

この著者の川口マーン惠美氏は日本エネルギー会議の発起人の一人である。発起人の名簿を見たら、ど素人のわたしが何も言う必要はないよね。
『ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化』
「気候変動に貢献せず、技術開発力を弱め、さらに、電気代を高騰させるのならば、再生可能エネルギー法の存続には正当性がないという」
@kazooooya: レイちゃん、ドイツの実情も読んでみたら? … 「気候変動に貢献せず、技術開発力を弱め、さらに、電気代を高騰させるのならば、再生可能エネルギー法の存続には正当性がないという」”

感謝!両国の事情は今正反対!
→日本が手本としたFIT先進国ドイツの失敗例。日本も早期に修正しないといたずらに電気料金が高騰することは避けられない。再生エネに期待を寄せすぎるのは間違い。
やつがまた援護しやがった。系統に繋げにくい証拠のデータがそろわない限りやつには敵わない。
再生可能エネルギーで賄われた電気の分は、火力発電所を炊き減らしできる、高騰する化石燃料価格からの脱却と、国富の流出防止に役立っているという効用が分かっていないですね。
「脱原発を許している=失敗」というおはなし /
聖職者が委員会にいるのが、某ラノベを思い出す続巻待ってよ。
自然エネルギーでは、需要の変化に追随出来ない
巨体なフライホイールのような蓄電・発電施設が無いとね。
そんな事を言い出したのはドイツだ?が最初に頭に浮かんだ私はだめぽ RT "@TomaChitose: ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか? "
独の再生可能エネルギー法(EEG)の改革。
・グリーン電力証書(REC)を導入する
・普及促進(FIT?)から新規技術の開発にお金を出すようにシフトする
など。補助金の出し方の見直し。
「20年間有効の全量固定価格買取制度・・・これがあれば勝手にお金が入ってくるがために、新しい技術を開発しようというモチベーションが働かない」/
自然エネルギー導入先進国ドイツでの反省を教訓とすべきだ。
川口マーン 惠美 さんの文なんで、読む価値はなさそうです。
身につまされるキーワードが満載。そういえばシュレーダーが政権を獲ったあの総選挙の時、ちょうど私はベルリンにいた。→
だったのか?でなくて失敗だったが主旨どと思うが。。さて日本はどうする?/
代案のない脱原発はこういう結果を生む。ここから何を学ぶのかが最重要。 【ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?】
再生可能エネルギーの開発、大いに結構!、しかし原子力エネルギーも素敵なエネルギー源であると思う。こちらの研究も忘れずにいてほしいものだ。

:JBpress(… ふむ。
「ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?」というレポートがあります。

今年の2月26日、ドイツのEFI(Expertenkommission und...
@ikedanob ドイツも大変みたいですね☞
ドイツでは再生可能エネルギーが抜群に増えている。しかし停止される原子力の代わりになるのは基本的に火力であり自然エネルギーではない。その現実に、ドイツ人は今ようやく気づき始めているところだ
ドイツもどっちに向かうのか
停止される原子力の代わりになるのは、基本的に火力であり、自然エネルギーではない。その現実に、ドイツ人は今ようやく気づき始めているところだ。 /
今更というか、数年前から、20年全量固定価格買取制度は破綻するって言われてた感が…。いや、それだけの話じゃないけど。
"読み進んでいくと、さらに辛辣。「ドイツの気候とエネルギー政策の核心的な道具としての再生可能エネルギー法は、失敗に終わった。"
。ドイツ政府によって作られた6人の専門家からなる調査グループ、再生可能エネルギー法を全面否定。
無様ですな、ドイツwww え? 勿論日本はこれをお手本にするんですよね? →
シュレーダーのすばらしい売国奴ぶりに笑った。いやあ大したもんだ。山本太郎ごとき小物など足元にも及ばんな/
←ドイツのそれが失敗だったかどうかは知った事ではないけれども、日本で同じ事をやったら確実に失敗すると思う(-ω-)
「しかし、ドイツの企業に高い助成金を課すなら、多くが外国に出て行かざるを得ないことは火を見るよりも明らかだ。」|
余った電気を買ってくれるところが無い日本は、ドイツより条件が悪い。なのにドイツの模倣を続けようとする連中の目的は別の所にある? ⇒
再生可能エネルギー法の継続を正当であるとする理由は見つけることができない。再生可能エネルギー法は電気代を高騰させるのみで、気候変動の防止も技術改革も促進しない
再生可能エネルギー法が気候変動防止に役に立っている事実はなく、電気代を高騰させているだけ:
←これは一理ある記事。ドイツの補助金は制度設計がまずかったと思う。再生ネルギーを導入するには送電システムの大きな改革が必要だ。理想論では各家庭が蓄電池を持てば短時間変動は問題なくなる。
極めて当たり前のことを述べているます。
当然、ドイツにならった日本も同じ失敗な道を歩んでいます。
今週はRWEがまさかの2013年赤字転落というニュースもあったしね。ドイツのエネルギー業界は揺れている。
えーと、ここから得られる教訓は…「ドイツ人でも間違いは犯す」かな?(すっとぼけ)
不安定電源増やしても意味ないのはわかってたことだけどな...ナチスが歪んだ健康帝国であったように、現在ドイツも歪んだエコ帝国なんだろう。民族性かいな。→◆
@urs_kyktsmy 津波で塩漬けになって使い物にならない農地や、休耕田でメガソーラーの計画はあちらこちらであるようです。正直、再生可能エネルギー法の補助金目的ですよ。
ドイツでは正直失敗だったという話が出てるのに・・・
『ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?』 科学的裏付けもなく無責任に意思決定するから。
失敗だと独政府に影響力のある調査チームが結論づけている様子(・ω・)
ブックマークした。ドイツを見習えとほざく放射脳のみんな、息してるー?:
法案があれなだけで自然えねるぎーにはまだまだ可能性あるとは思うんだけど・・・ やっぱりそう簡単にぶれいくするーを突破できるわけでもないみたいなのです(ーωー;【みかん
2年前から解ってたことがやっとかよ、どうすんだよこれからの若い世代への産業の引き渡しは
日本は同じ失敗をもっと酷くやってるし、今も原子力の風評被害は増え続けてる。
いよいよドイツも現実的な考え方が支配的になりつつあるのかな
フランスから原発の電気を買ってるドイツでさえ、けっきょく火力は外せないどころか増やさざるを得ないんだね。
―― -
わかったから福島を元通りにしてから主張しろよ。 /
そう、火力発電を減らせないし全てを自然だけに任せる発電は安定供給できないというの、いつも思っていた。よくまとまった良記事と思う。→
"ドイツでは再生可能エネルギーが抜群に増えている。しかし、停止される原子力の代わりになるのは、基本的に火力であり、自然エネルギーではない。その現実に、ドイツ人は今ようやく気づき始めているところだ。"
「EFIは、再生可能エネルギー法の継続を正当であるとする理由は見つけることができない。再生可能エネルギー法は電気代を高騰させるのみで、気候変動の防止も技術改革も促進しない」 / “ドイツの再生可能エネルギー法は失敗…”
「原子力や電力の専門家抜きに推進された脱原発計画」 /
こんな国を手本にしようってんだからホント気分悪い。:
フム。排出権取引は排出量取引に変わったのか。/
読み応えあるな。再生可能エネルギーは所詮は泡沫エネルギーだったってことか。やはり当分の主力は石炭&天然ガスかな//
買取制度が、技術革新へのモチベーションを阻害する、という点が大事。脱原発を進めたければ、脱原発の問題点を指摘する情報をこそ読まなければ。
マスとしては再生利用可能エネルギーの量を増やせた。が、コストが見合わないこと、技術刷新への貢献がないこと。特に後者が痛手ですね /
経済的に失敗してしかも得るものが無かったのは残念。
あとで読む
“再生可能エネルギー法は電気代を高騰させるのみで、気候変動の防止も技術改革も促進しない”らしい
ドイツ人のリポート読まなくても知ってた。えへんと威張れない。常識。けどよくまとまった記事なので読んで勉強しましょう。RT
スマートエネルギー情報局 | - 欧州
ドイツが脱原発を法的に決定したのは2000年の話だったのか。期限を延長すると共に電力会社に追加の税金を求めたところで福島原発が炸裂したもんだからしっちゃかめっちゃかの混乱になっていると。
技術革新が止まるという指摘は俺が3年前にやった /
この辺の事情がウクライナに関してドイツがロシアに強く出ない理由なのかな
前例が世界中に転がっているのに、なぜ目をつむる?
ドイツでも火力発電が増えようとしてるのか。現実問題として自然エネルギーは原発の代替となるのは今は難しいのかな?日本はドイツより地熱の資源が豊富だけど。
ドイツが成功していることが前提に成立した日本の再生可能エネルギー法も、当然ながら同じ問題を抱えるわけだよね。
成功理由も分析せず、「アイツが成功したっぽいからウチも」は止めよう!
燃料輸入増加により電気代から貿易収支まで増え続ける負担に喘ぐ日本のすぐそこにある危機(ー ー;) 科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化:
「同法は技術開発の役にも立っていない。その理由は20年間有効の全量固定価格買取制度で、これがあれば勝手にお金が入ってくるがために、新しい技術を開発しようというモチベーションが働かない」
こんな結論当たり前だよな→
これが日本の数年後 >
なるほど!日本にドイツと同じ失敗をさせてはならない。>
脱原発のお手本ドイツの現実。
俺達はどうする?
ドイツでもこれかい。
考えせられるね
科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化・・>通産省の推進派はどうするのだ?既に太陽光発電は問題続出。一昔前に再生エネルギー問題、検討済だったのでは?
脱原発も、言うは易し、行うは難し。やむなく、再稼働するなら、最小限にすべき。
科学的視点に欠けた脱原発推進
ドイツの愚作がまとめられる。
補助金付けの質の悪い電気でドイツの電気代は高騰、火力までが弱りインフラボロボロ。
決めたのは素人
日本も大差無いがまだマシか…
買取制度は技術革新を生まない。
脱原発も環境保護団体も、ドイツや日本じゃなくて、支那で騒いでくんないかなぁ。毒の量は支那がダントツでしょ?え?日独に手枷足枷はめるのが目的だから無理って???
脱原発を考える上で一読した方がよさそうな話。やはり脱原発は長期的な技術革新の基、行われるべきだろうな
:JBpress(日本ビジネスプ�...
成功する可能性なんてあったの?
Qcellがつぶれた時点でこのような困難はわかりきっていたことだけど、ドイツにはやはり理想に突き進んで欲しい。 / 科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化:JBpr…”
:JBpress(日本ビジネスプレス) 原子力の代わりになるのは火力の現実に気づきはじめた? 遅いよ…
合理的な思考が得意と思われているドイツもこんなもん。
とりあえず原発再稼働が合理的判断。


JBpress(日本ビジネスプレス)
原発事故よりずっとマシ。RT @postnewshatena: ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか? 科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化:JBpress(日本ビジネスプレス) ( ) .
崩れつつあるドイツの再生エネルギー政策

日本もな~
ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?: 2月26日、ドイツで衝撃的なレポートが発表された。EFI(Expertenkommission und Innovation=研究・革新専門家委員会)...
何処ぞの国のFITも、無残な失敗に終わるだろう… /
以上

記事本文: ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか? 科学的視点に欠けた脱原発推進がもたらす矛盾が次々表面化

関連記事