TOP > 国際 > 嫌韓団体「在特会」消えたかと思ったら…政党に変身 | Joongang Ilbo | 中央日報

嫌韓団体「在特会」消えたかと思ったら…政党に変身 | Joongang Ilbo | 中央日報

18コメント 2019-10-14 12:58 | 中央日報キャッシュ

中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします...

ツイッターのコメント(18)

日本第一党の宣伝ありがとう!
ヘイトと言えば何でも通ると思っている。ヘイトスピーチ解消法は在日韓国人等へのヘイトは許さないが、日本人へのヘイトはお咎めナシ…つまり日本人差別。あいちトリエンナーレも反日ヘイト。茅ヶ崎の映画は韓国の一方的な捏造歴史の押し付け。
今や被害者は日本人側である。
@Kaminari_papa @YumeKamecyan @06pink14 そうだったんですね
在特会は裁判に負けて解散したんですか
それで 中央日報に こんな事
書かれるんですね
《在特会のように正式に政党として登録し活動方式を変えたり電話やインターネットを利用してターゲットを攻撃するなどヘイトスピーチの手法はさらに巧妙になっている》
笑える小話か?世界に並び立つ民族がいない〇〇民族が何を言ってるやら(*≧∀≦*)
中央日報が日本第一党の応援記事を上げてくれました‼️
しっかり、「日本第一党」と政党名を書いてくれています。
有難うございますm(__)m

※在特会は次期会長の元で存続しております。日本第一党とは全く別の団体ですので誤解のないようご注意願います。
中央日報

あそこに見えるパチンコ店は80~90%が在日韓国・朝鮮人、いわば外国人によって運営されています。みなさんが使う1000円、2000円が北朝鮮に流れ、核を作って、拉致工作を行い、テロを継続するのに使われるのです
これかぁw
日本の既存メディアが取材もこそこそするくせに記事にしないのは…本当の事を主張しているから国民に知らせたくないだけ。
ありがとう中央日報
#日本第一党 🇯🇵
"在特会"消えた事になっとるがな笑
想定内だけどコメ欄が相変わらずクソ
在特会というヘイト団体が「日本第一党」と名前を変えれば、N国の立花孝志を当選させたように、国会に桜井誠のようなゲスを議員として当選させかねない状況が現在の日本にはある。戦後民主主義は風前の灯となりつつあるのか。
日本も日本でどうにかしないと駄目だと
思うわ。
»

韓国メディアのほうが、日本のレイシズムを正確・客観的に把握している。
記事は他人事の様に書かれているが、何故こういう政党が出来て「日本を批判するなら朝鮮半島に帰れ」「在日も帰れ」「日韓断交は外交政策」とか言われるのかよく考えた方が良い。
嫌韓団体「在特会」消えたかと思ったら…政党に変身(中央日報日本語版)…

ヘイトの定義も報道も所と立場が違うとヘイトではなく正しい主張と衣替え!!(-_-)
奴等って痛いところを突かれると
すぐ””嫌.韓”” やれ””ヘ.イ.ト””だよなKuzu
>彼は「死ね」「ゴキブリ」のような言葉を使ってはいないが

なら『表現の自由』の範囲内では? 何の問題が?
(´-ω-`)ほら出てきた。

“姜弁護士は「ヘイトスピーチ解消法ではヘイト集会や発言を防ぐのに限界がある。差別禁止をしっかりと明記した法律が必要だ」と話した。”
以上
 

いま話題のニュース

PR