TOP > IT・テクノロジー > 『裸写真を検知→親に通報』トーンモバイルの新スマホ、2万円で発売 - Engadget 日本版

『裸写真を検知→親に通報』トーンモバイルの新スマホ、2万円で発売 - Engadget 日本版

54コメント 登録日時:2020-02-14 13:43 | Engadget Japaneseキャッシュ

悪意ある第3者にそそのかされ、子どもが裸の自撮り画像をSNSに投稿してしまう──。そんな被害を防止する機能を組み込んだスマートフォン「TONE e20」をトーンモバイルが2月20日に発売します。価格は1万9800円(税別)です。...

ツイッターのコメント(54)

ロンパースとかおむつはセフセフ?
不適切な画像をAIに学習させる作業めちゃめちゃ見てえな。
検知するためにはAIに大量の裸の女の子の画像を学習させなきゃいけないはずだけど…どうやって用意したんだろ…🤔
機械に学習させるためにいったいどれだけの全裸画像を集めたのだろうか。。。!!
TONEって面白い機能ばっかり発達するよね
<水着などには反応しない。単なる「肌色の割合」で区別するのではなく、不適切な画像を機械学習した結果、精度を高く判別できるという>
ホモにこれを強制支給してママパパにカムア
ゆゆうたの動画誤検知する説
もしこの機能が全てのスマホに搭載されたら裏垢女子の死活問題だよね…
・・・そういう時代か。
自撮りのは防げても他撮りは防げないやんけ…()
いるかその機能。
すごいなw
子どもの「裸自撮り」を防ぐ新機能!

『裸 を検知→親に通報』
トーンモバイルの新スマホ、2万円で発売
ペアコン機能の一つと言ったところでしょうか。自撮りではなく、背面のメインカメラの場合はどうなるのか少し気にかかる。
「不適切な画像を機械学習した結果」って、学習データとして所持することは違法ではないのかしら。
裸を判定するAIがスマホに載るんだなあ。様々な可能性を感じる。良い方にも悪い方にも。 ▶
裸自撮りを検知する機能。
機械学習により裸を検知し撮影を不可にする機能らしい。
どうせ水着も取れないんだろ? と思ったらちゃんと見分けられるらしい。まぁ、100%の精度ってわけにはいかないだろうけど。 >
普通の水着では反応しないのですな。ではイギリス紳士の装いであるマンキニとシルクハットの姿ではどうでしょうな。
キャー!のび太さんのエッチー!
全てのスマホに乗せるべき機能
こんなの子供に買い与えたらしょうもない人間が完成するよ
不適切な画像を機械学習した結果...ね。
オンデバイス型のAIで検知というけれど、どこまで正確かつ適切に検知できるんだろうね。
逆にそのギリギリを試そうという好奇心を煽ったりして。
今の時代、こういうのは必要だろうな~。

溢れてる情報も乱れてるから、何をしちゃだめかなんて想像以上に判別つかないと思う。
大人だって判別つかない場合もあるんだもん。
機械学習して、水着などには反応しないんだって。すごいね。 -
またwikoかな??いい加減年寄りか子供に媚びうらんとやってけへんのやめたら
流石です。ありがとうございます。まだもう少しだけ先と考えてるけど、初めてのスマホはやっぱりトーンモバイルにしようかな。
裸地鶏の縮小版が親に自動で送信されるのに、外部への流出の心配はないってどういうこと?
このアイキャッチ、うちのサイトに載せたらアドセンス剥がされそう。
大量のチャイルドポルノを学習させられたAI…。と思ったけど、データセット用意した人が一番可哀想では。
Ohhhh.... literally it's a problem, so.....
こういう機能はどこまで需要あるのだろう?> -
トーンモバイル、AIがカメラの被写体を検知する?で良いのかな。デジカメ撮影をBluetoothでスマホ保存は対応するのかな?機械に頼るのも結構だが、親が裸の話題をタブー視せずに子供に『そうさせない』説明、教育をする方が大事だよ。与えて済ますじゃ片手落ちな気がする。
これじょうげんみたいなロリコンに最適やんけ
子孫繁栄系の飴とか岩とか撮影できなそう。
相撲はどうなんだろう?
例の相撲云々はどうなのかな? /
AIがエッジにでてきて監視・統制が容易になってきてますね
これ、サードパーティーのカメラアp…
これは割と地獄機能。こんなんならスマホいらないレベル
子どもの『裸自撮り』撮影被害を防ぐAIフィルター搭載、AIが裸などの不適切な被写体を検知すると撮影や保存ができず撮影場所と画像の縮小版を保護者に通知、と。→
この機能は誰が得するんだろ?
裸写真撮りたい人は別の機種選ぶだろうし。。
通報は草
:engadget日本版
以上

記事本文: 『裸写真を検知→親に通報』トーンモバイルの新スマホ、2万円で発売 - Engadget 日本版

いま話題の記事