TOP > IT・テクノロジー > 富士フイルム「X100V」発表。初搭載のチルト液晶で街撮りがより楽しく - Engadget 日本版

富士フイルム「X100V」発表。初搭載のチルト液晶で街撮りがより楽しく - Engadget 日本版

富士フイルムはロンドンにて、新型高級コンデジ「FUJIFILM X100V」を発表しました。伝統のコンパクトボディにこれまで以上の撮影能力を詰め込んだ1台となっています。店頭予想価格は16万4500円前後(税抜)、2月下旬より各色順次発売します。 イメージセンサーは2610万画素の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」を搭載(2018年発売の「X-T3」などと共通です)。...

ツイッターのコメント(12)

いいねぇ・・・欲しいが止まらない
まさかの10bit出力(笑)
@engadgetjp レンズ交換できるフジのはあんまりほしいとは思わなかったけど、これは少しほしい。リコーのコンデジとは値段問題かなぁ
発表されとるやーん
この小ささでこの実力↓
X100Vのビデオ撮影能力は、コンパクトカメラには似合わない強力なもの。4K/30FPS撮影はもちろんのこと、HDMIポートを介した外部記録で10bitカラーの4K/30FPS撮影までできてしまいます。スローモーションは最大1080p/120FPSで撮影可能
>X100Fにはない顔・瞳検出を備えています
あれ、ワイのX100F、顔・瞳認識ついとるけど。
楽しそう。
見た目も好み。
見てる: “富士フイルム「X100V」発表。初搭載のチルト液晶で街撮りがより楽しく”。「以前からこのカメラを愛用していたような街撮りフォトグラファーにも最適」。なんか、街撮りの意味が無駄に貶められた気がする。よりによって公式に。
こんなにダイヤルだのボタンだのごちゃごちゃ密集してるのに「シンプルな操作体系」と言えてしまう神経はどうかしてるぜ… (白目
いいね。…富士フイルム「X100V」発表。初搭載のチルト液晶で街撮りがより楽しく。店頭予想価格は16万4500円前後(税抜)、2月下旬より各色順次発売します。 @engadgetjp
:engadget日本版
以上
 

いま話題のニュース

PR