TOP > IT・テクノロジー > ついに日本でApple Watchの心電図アプリ提供へ 不規則な心拍通知機能(IRN)を実装 - Engadget 日本版

ついに日本でApple Watchの心電図アプリ提供へ 不規則な心拍通知機能(IRN)を実装 - Engadget 日本版

52コメント 2021-01-22 09:26  Engadget Japanese

ツイッターのコメント(52)

おお、日本でも可能になってたのか
年齢関係ないよね。
心電図データをPDF化できるらしい
心臓ウオッチ…w
やっと日本でも が本気を出せるようになったか
普段、時計つけないんだけど、この機能のために Watch買おうか迷う。
買おうかな
最大のメリットがついに認可されて嬉しい。

ついに日本でApple Watchの心電図アプリ提供へ 不規則な心拍通知機能(IRN)を実装 - Engadget 日本版
Watchやっぱり欲しい
目的は健康管理のため。
ニュースをApple Watchで見ることは可能だと思うが、私はたぶん見ない。

Watchに私の健康情報を貯蓄しまくる、という投資が未来の私の健康管理に何倍ものリターンをもたらしてくれるはず。
キタ──ヽ('∀')ノ──!!

まだ出来ないけど

キタ━━ヽ(´ω`)ノ゙━━!!
心房細動の「検出精度は9割を超える」そうだ。
---
やっとか!!
無症状の心房細動を発見できますよね。
この機能だけで Watchを買う理由になる。
やはりスマートウォッチでは頭ひとつぬけた存在!

watch
2年の時を経てようやく
遂に来たか…!
楽しみだなぁ…!
待ち望んでた!ついにか。
アップルウォッチの心電図アプリの提供がいよいよですね⁉
コロナが大きく影響して許可が早まった気がしますね。

自身の身を守るためにも装着をお勧めします。
やっと日本でも WatchでESG使える。しかし2018年12月に開始したサービスとは、もう2年経ってしまったのか。。
日本でも心電図アプリが正式に提供されることになったんですね。

コロナもありますし、待ち時間をまって医師に見てもらう前に多少なりとも判断をはやめにできるという意味では実装ができるようになったことはいいことだと思います。
これが使えるならApplewatch 欲しいなぁ~
今はお茶の水循環器内科の五十嵐先生が開発したアプリ ハートリズム使ってるけど 😊
不整脈が酷かったので、EEGがとれるならAppleWatch欲しいなってずっと思ってたんだけど、お酒を普段飲まなくなったら、不整脈も殆ど感じなくなり、買うタイミングを失いましたわ…
役に立つなら使いたいですね
.
最近不整脈で悩んでるので、ママにゴネたら医療機器として家計で買ってくれんかな…

【 不規則な心拍通知機能(IRN)を実装】
アップルウォッチ買いまーす
やっと心電図来たか
やったぁー
これ待ってました!
日本やタイでも心電図アプリが利用できるようになります。対応機種は Series 4 以降です。次回の OS update が待ち遠しい。不規則な心拍の通知機能は、Apple の US site では 全機種になってます。
待望の機能認可!たま〜に心房細動が生じることがある自分にとって、これは神対応!
はSEにしようと思ってたけど対応してないから、思い切って6にしようか…値下がりした5にしようか…悩む。
Watchでついに心電図がこの日本で使えるようになります。
WatchOS7.3からとのことで心臓の弱い方や老人の方には重宝される機能かと思います😊⌚️
いよっ!待ってました!
世の中すっかり変わってしまったので酸素飽和度計測アプリと合わせて欲しくなりますなぁ
//
おお。ついに。
コレであとはiPhoneなしでも使えるようになったらなぁ…。
『 不規則な心拍通知機能(IRN)を実装』
Engadget日本版: Engadget日本版: ついに日本でApple Watchの心電図アプリ提供へ 不規則な心拍通知機能(IRN)を実装.


お、ようやく
ついにきた
おお、やっとか。:
ついに来るのか。もしもの備え感が強いけれど
おー、やっと来るー。 /
ついに日本でも。
»
何年越しだろうか? やっと使える。
まだアプデ来てなかった🤣🤣
こっちの方が詳しかった>
ようやく|
良いね。 Watchに命を救われてる人も多い

ついに日本でApple Watchの心電図アプリ提供へ 不規則な心拍通知機能(IRN)を実装
おおー!ついに!✨

先日 「心拍の微妙な変化」を読み取ってAppleWatchで新型コロナを検知できるかも…と言う記事を読んだので、これは期待しちゃいますね😊
よーし対応は4から。買い替えなくて良かったー。
Watch欲が再燃してきた。
ヘルスケアデータが外来で活用できれば、人手不足で混乱する医療現場の大きな手助けとなりそう|
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR