TOP > IT・テクノロジー > 宇宙で「牛の切り身を出力」。微小重力で3Dバイオプリントの実験に成功 - Engadget 日本版

宇宙で「牛の切り身を出力」。微小重力で3Dバイオプリントの実験に成功 - Engadget 日本版

14コメント 登録日時:2019-10-09 15:28 | Engadget Japaneseキャッシュ

地上では血も滴るほどリアルな植物由来のハンバーグがファストフード・チェーンなどにも採用されはじめ、しだいに市民権を得つつありますが、地球低軌道を周回する国際宇宙ステーションではこのほど、初めて3Dバイオプリンターを使って牛の切り身が"出力"されました。...

ツイッターのコメント(14)

ISSで面白いことやってますね。文面がSFなんだけどフィクションじゃなくなってる。
すごい技術だし、医療分野での発展も見込めそうだと思うのだけど、なんだろう、この先に見えるディストピア感…(貧乏人は合成肉しか食べれない的な)

宇宙で「牛の切り身を出力」。
やっとここまで来たか。
体組織をプリンタで出力する...だと...?
凄いんだけど、、なんかなぁ。
食えればええか…
おったまげ
妻とか夫とか作れるようになればみんな幸せ
食べてみたくはあるが、最初はきっとお高いよねw
宇宙で牛肉をプリント?「国際宇宙ステーションではこのほど、初めて3Dバイオプリンターを使って牛の切り身が"出力"されました。」「今回の実験をベースとして、数年後には地上に大規模な「バイオファーム」を作り、地上で"栽培"した牛肉を」

人類始まりすぎてるな!!
牛肉を栽培

- Engadget 日本版
何がプリントされたのか謎だ。これだったら少子化対策で赤ちゃんをプリントすれば?
色々と応用できそうだけど、食べたくなるかは別… -
「牛の筋肉の組織が再生するプロセスを再現」するプリンターという言葉が現実に聞かれるようになるのは SF っぽくて楽しい。
3Dプリンターでステーキを出力????
以上

記事本文: 宇宙で「牛の切り身を出力」。微小重力で3Dバイオプリントの実験に成功 - Engadget 日本版