TOP > IT・テクノロジー > 新iPhoneの心臓部「A13 Bionic」はなにがスゴイのか(西田宗千佳) - Engadget 日本版

新iPhoneの心臓部「A13 Bionic」はなにがスゴイのか(西田宗千佳) - Engadget 日本版

29コメント 登録日時:2019-09-11 20:31 | Engadget Japaneseキャッシュ

今日発表になった新iPhone、どの辺が一番変わったとお思いだろうか?カメラ? 確かに。デザイン? それはもちろん。だが、ある意味「誰にでも価値がある性能向上」をしたのはプロセッサーではないか、と筆者は思っている。発表会では半導体開発担当バイスプレジデントによる解説も行われたので、「A13 Bionicは......

Twitterのコメント(29)

iPhoneの新しいチップは、画像処理などに機械学習をだいぶ使っているようですね。
熟読したほうが良さそうですので再投稿します。
▼ Bionic」はなにがスゴイのか(…
スナドラ855を余裕で上回る、か(単位やら軸がないので不明な点には注意
「A13 Bionic」は本当に「Snapdragon 855」の2倍近いベンチマークスコアがでるのだろうか。
モンスターだから「4カメラ同時撮影のようなことができるのだろうけど…
観測中・・・「より細かな単位に分割して、電力消費をより効率化」:『 日本版』
シングルの性能であれば確かに圧倒的だしね
というかスナドラもキリンも多数のコアで無理矢理Aシリーズに追い付こうとしてるから…
一般的にはデザインやカメラとかに目が行くだろうけど、どんなにいいデバイスを積んでててもプロセッサがショボければ宝の持ち腐れになるだけ。

高速化しながら省電力化をこんなに進めたのは凄い。

世間ではもうAppleはダメとか言われてるけど地味に凄いことをやってる。
やはりアップルの新SoCはブッチギリの性能アップをしてきた。特にニューラルエンジン部はまたAndroid勢をつきはなしたか。
目に見えるスマホの進化は終わりつつあるけど、今後はAIの進化でだんだん自動化が進んでいくだろう

今ではAIカメラにより自分のような素人でもそこそこの写真が撮れる

フォトショ要らず
新《iPhone》の心臓部「A13
🆕 2019/09/11(昨日)🔥🔥🔥41
5⃣ 📲 (th/14)
🕋 📡 (663)
これは良記事
なるほどなぁと思った。
ハード屋さんはこういうの好きなんかなやっぱ
ワッパが改良されてるとなると欲しくなっちゃうな
特別なことはなんも無いように見えるが(今のスタンダードなことやってるようにしか見えない /
「Starry Landscape Stacker」移植されないかな
高品質化とお値引きを同時に実現してるのはすごいと思う。スマホの進化という目線では過渡期にあたりそうだけど、その下地ができてきた感。格安スマホ勢とは向こう数年で技術面で二極化になりそう?
内容はとても分かりやすかったですが、コントトールになってるのを発見してしまった…/
初めて搭載したのはA11じゃないか?

昨年の「A12 Bionic」は、マシンラーニング処理のための専用コアを搭載した、アップルとしては初めてのスマホ用SoCだった。
詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
新製品発表中継を見ていた時、パフォーマンス・グラフの軸が不明なのは確かに気になった点ではあった。実際速いんだろうけど。|
バッテリーの性能が上がったってより、消費電力を抑えられた恩恵がでかいのか。
バイオニックといえばジェミー→
“A13 Bionicは、高性能な処理に使う「高性能」CPU(2コア)と、消費電力が低く性能が求められない処理に使う「高効率」CPU(4コア)を組み合わせて動いている。” / “ 日本版”
A13の細かい話が出ていた。省電力性もかなりよくなってるみたい。
キーノートで最もテクニカルだったパートを @mnishi41 さんにわかりやすく解説していただきました┃
エンガジェ向けの解説記事。@ACCN に「A13ってなにが変わっててどうすごいんですか?」と聞かれたので、発表会での説明などから読み解いてみました:
チェック | Japanese
昨日の発表会で写真処理の最後のレイヤーに「SemanticRendering」ってあったのはA13がリアルタイムで、文字通り「写真の意味」を理解(処理)できるからなんだとわかったしすげぇなぁってなってた
以上

記事本文: 新iPhoneの心臓部「A13 Bionic」はなにがスゴイのか(西田宗千佳) - Engadget 日本版

関連記事