TOP > IT・テクノロジー > 油田から水素を低コストで抽出する方法、カナダ研究者が開発。温暖化ガス排出ゼロ、気候変動対策の切り札? - Engadget 日本版

油田から水素を低コストで抽出する方法、カナダ研究者が開発。温暖化ガス排出ゼロ、気候変動対策の切り札? - Engadget 日本版

14コメント 2019-08-22 07:41  Engadget Japanese

カナダの科学者チームが、バルセロナで開催されたゴールドシュミット地球化学国際会議において、石油から温室効果ガスの放出なしに水素を取り出す方法を開発したと発表しました。実用化されれば、気候変動の問題に対...

ツイッターのコメント(14)

実用化されれば330年間はカナダ全体の電力をになえるそう
現状の4分の1〜二十分の1の生産コスト
水素自動車はクリーンではないのだよ。

「石油から温室効果ガスの放出なしに水素を取り出す方法を開発したと発表しました」

- Engadget 日本版
@engadgetjp 

 ( ´灬` )y-~お?日本の水素燃料電池車の時代が来ちゃう。
>既存の水素生産方法では1kgあたり約2ドルのコストがかかるところ、0.1~0.5ドルで水素を生産できるとのこと。
水素さんです🌻

油田から水素を低コストで抽出する方法をカナダ研究者が開発ささました。

温暖化ガス排出ゼロの水素で、
気候変動対策の切り札になるでしょうか?
油田で水素を取り出すということはその後丸々輸送コストがかかるのでは。水素のエネルギー密度は割と小さかったよね。 / “ - Engadget 日本版”
『燃料電池車が主流』いくら水素があっても、白金が足りないのでそれは無理って話を聞きますがね。水素エンジンの方が有望な気が。
まずは静観だねぇ。ホントかどうか、//
「二酸化炭素とメタンを残しつつ、水素だけを取り出すことが可能だと主張」
主要な水素の工業的製法はメタンCH4と水蒸気を反応させるんだけど。こりゃインチキだ。
カナダ換算じゃわからん
実用化できたら世界が変わりそう。
「水素を生成する減量として主に使用されているのは天然ガスです。」原料では?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR