TOP > IT・テクノロジー > 新型「Kindle Oasis」実機インプレ、4万円の価値はある? - Engadget 日本版

新型「Kindle Oasis」実機インプレ、4万円の価値はある? - Engadget 日本版

7月24日に新型「Kindle Oasis」(第10世代)が発売されました。AmazonのE-Ink電子書籍リーダーKindleシリーズの最上位モデルで32GB、広告なし、Wi-Fi+無料4Gモデルという一番高価な構成で4万980円(税込)という値付け。編集部に届いた実機のインプレッションをお届けします。 ■関......

ツイッターのコメント(11)

初代のKindleを買ってからもう何年になるんだろうか。グイン・サーガ読破用に買ったから、グイン・サーガ読了後はKindle自体すっかりご無沙汰になってしまったな。
みんな片ページ表示嫌じゃないんだろうかねぇ…
(見開きデバイス作ろうとか思わないの?)
価値があると思いました
「物理ページ送りボタン」こそが最大のセールスポイントに見える辺り、何か皮肉なものを感じるな……
物理ボタンは大事よね
安くなったら欲しい〜 →
某A君が買ったらしいので、無駄な買い物だったなと嘲ってやろうと思って見たけど、返り討ちにあった(欲しい)
ぶっちゃけ3万の価値はもないと思う。>>
最高の機能はSNS通知非対応かしら。ただ、残念ながら矢崎家はタイプB持ち込み禁止なのよね…|
新モデルの色調調節 想像してたより良いね。
以上
 

いま話題のニュース

PR