TOP > IT・テクノロジー > 分離プラン時代の購入補助は『36回割賦』、ドコモ「スマホおかえしプログラム」発表 - Engadget 日本版

分離プラン時代の購入補助は『36回割賦』、ドコモ「スマホおかえしプログラム」発表 - Engadget 日本版

22コメント 登録日時:2019-05-16 12:25 | Engadget Japaneseキャッシュ

NTTドコモは、分離プランに対応する新しい端末購入補助制度「スマホおかえしプログラム」を発表しました。「ギガホ」「ギガライト」の提供開始にあわせて、6月1日より提供します。「スマホおかえしプログラム」は高額になりがちなハイエンドモデルを買いやすくするオプションサービス。利用できる機種はハイエンドモデルに限られてお......

Twitterのコメント(22)

24回まで払ってるのに
端末返さないといけない?って事?
だとしたら ただのリースにしか感じない。。
36回払いで携帯電話を買う時代になってしまったのか。少し前はiPhone4とか発売日に4万円代で買えたのに。
ふぅ〜ん。(゚Д゚)
他社も似たようなことしてたけど、この「返すことが前提」だともはやレンタル。高い金額払って手元に残らない&2年より長い3年設定の分割ってタチ悪くなってるじゃん。つきサポで良かった。
つまりスマホ本体のリースか?
3割3分引だけど端末は手元に残らない。しかも2年は割賦払いが続く。
ものすごい割高のような気がしてならない。さすがドコモ
ここまできたらもうはっきりリースやサブスクリプションにしちまえばいいのに。消費者としては仮にであっても自分のモノにならんと抵抗あるんかね。いや、契約がめんどくさくなるのか?
『分離プラン時代の購入補助は『36回割賦』、ドコモ「スマホおかえしプログラム」発表』
最初の契約締結時のみ docomo回線が必要らしい。
意味あるか?メルカリで売った方が高く売れるかもね⁇
@LRktpn90 分かった、36回払いと、おかえしプログラムは別モノですよ。おかえしプログラムをやるには36回払いを選択しないとできませんっていうことじゃん。「プログラムの権利を行使せずに、36回の割賦を支払えば、端末を手元に残すこともできます。」
最近携帯料金のニュースよく見ますが、毎度思う感想が「複雑すぎる」これに尽きますww
どうも競合他社の顔色伺いながら決めたものみたいで、ユーザーなんて全く視野にないんじゃないでしょうか?
もっと単純で分かりやすいユーザーファーストな料金体系を希望します!
スマホも残クレ方式かw 端末が高すぎるのよ。そもそも
他社の48回を批判してたのに、そんな変わらんやん
おじさんココ最近は一括で購入してるから関係ない話。
なんだけど、残価設定型って基本リースだと思ってるので、通信量との分離の結末としてはまぁ、これしか無かったよなぁて感じ。
あー、やっぱり残価設定ローン導入なのか
>
また訳のわからんことを…
中古に流れてるスマホ対策にも見えるな〜
自動車の残価設定ローンみたいな?
>
ソフバンやauとは違うのか、MNPもできるってことね
名前変えただけやろ
どうしても2年は縛りたいんだな。こういうのも禁止しちゃえばいいのに —
どうでもいいけどゆうパックにしか見えない
速報です。ドコモが「ギガホ」向けの「スマホを買いやすくする施策」を発表。3年割賦で2年以降にスマホを返せば残債免除。いわゆる残価設定型ローンですね。
以上

記事本文: 分離プラン時代の購入補助は『36回割賦』、ドコモ「スマホおかえしプログラム」発表 - Engadget 日本版

関連記事