TOP > IT・テクノロジー > 巨大おしり型航空機、オール電化で復活へ。開発資金約1億4440万円獲得 - Engadget 日本版

巨大おしり型航空機、オール電化で復活へ。開発資金約1億4440万円獲得 - Engadget 日本版

惜しくも試験飛行のみで退役してしまった世界最長のおケツ型ハイブリッド航空機ことAirlander 10が、その動力をハイブリッドからオール電化に改造するため、およそ100万ポンド(約1億4440万円)を獲得しました。このプロジェクトは英国の航空宇宙技術研究プログラムから資金を提供され、航空機を開発している会社の名前H......

ツイッターのコメント(19)

想像以上にお尻だった
これが空に浮かんでたら、確実に二度見する自信がある( ˘ω˘ )
まぁ電化がオールならしゃーないw
新しい物を作るのは金がかかるので、1億4440万円で足りると良いのですかね…
日本版: 巨大おしり型航空機、オール電化で復活へ。開発資金約1億4440万円獲得.
これを、お尻型っていって紹介するのは良くないよね。子供がお尻みたいってはしゃぐのと訳が違う。心が汚れてるだけかしらんけど
これで特攻したら文字通りのヒップアタックですな
いやーん笑っ
セクシーダイナマイト❣️
メタンガスで飛びそう
どうせなら、
お尻型飛行機に

「定期的に大腸カメラしましょう。」

とか広告を貼ってくれないだろうか。
巨大おしり型航空機がオール電化で復活へ 開発資金約1億4440万円獲得 英国の航空宇宙技術研究プログラムからおよそ100万ポンドの資金を獲得。まもなく建造が開始される予定とのことです。
巨大おしり型航空機がオール電化で復活へ 開発資金約1億4440万円獲得 みんなのコメントが面白すぎてツボww
ぜひおしりあいになりたい / “ 日本版”
後ろ姿の様だけどこっちが前。
オール電化は無理だと思うけど…
おぉ、"空飛ぶおケツ"ことAirlander 10がオール電化!?
一部のクモは糸を流して、風に流されて移動するけど、軽い虫ですら気体の重さを利用して飛んでないから難しいよな 飛行船
ハイブリッて…!
わざとやってんのか…?笑
確かにおしりとしか言いようのない前面形状……
おしりんがオール電化に!《
以上
 

いま話題のニュース

PR