TOP > IT・テクノロジー > アップルのARメガネは早ければ2019年末にも量産開始? iPhoneに依存して軽量化を実現か - Engadget 日本版

アップルのARメガネは早ければ2019年末にも量産開始? iPhoneに依存して軽量化を実現か - Engadget 日本版

これまで何度か噂されてきたアップルのAR(拡張現実)メガネ/ヘッドセットについて、量産時期などにも触れた、新たな予測が報じられています。アップル関連の予測で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、アップル初のAR製品は早ければ2019年第4四半期(10~12月)、遅くとも2020年の第2......

ツイッターのコメント(29)

噂か憶測か夢想か?スマートグラスのレコーダーの動画がクラウドにリアルタイムで送信されるようになると犯罪は激減するか?
なるほどね。初めのころのApple Watchみたいなものか。 →
コンテンツは仕込み始めてるけど、開発環境を先に整備して欲しい。勝負は始まっているんだから。
2020年には量産で一般の人でも使えるのか。
これは楽しみだ! /
現実とバーチャルが近づいていきますね
iPhoneの代替ではないってことですね。
まだハイテクすぎなくても、一定程度の機能があり、軽量であれば市場を優位に動かせる。シェアを確保するのが大事だと思います。
ついにアップルARメガネ発売!?今年はOculus QuestからのアップルARメガネ発売でやっとXR時代が到来。
5Gもくるし描画結果だけ飛ばすのが主流になるんだろな>
めっちゃ楽しみ。ARのサービスとかやりたいわー。
MWCに参加した中で、"5Gの普及によるエッジコンピューティングの急激な進化”と"HoloLens2が実現する現実的なAR体験"の掛け合わせで、ARメガネは確実にコンシュマーまで降りてくると感じた。
いいね。うちのAR謎解きゲームでも早く使いたい!ユースケース切り拓いていきますよ /
予想通りiPhoneをターミナルにしてBluetoothで接続するAirpodsみたいなイメージ。ポストスマホ時代の始まり!>アップル初のAR製品は早ければ2019年10~12月、遅くとも2020年の4~6月に量産に入るとのことです。
そんな早いの!?ようやくiPhoneを無線で網膜照射ディスプレイに移す眼鏡を皆がつける世界になるんだろうか。
時計の次はメガネではと言われていたけれど、いよいよApple Glassの登場らしい。
ただ、時計は時刻を知ると言う役割に関しては万人共通だと思うけど、メガネはそうはいかないよなぁ〜、って、自分も老眼だしw
その辺り、Appleはどうするのかな?
Appleということで、オシャレ感には期待できそう。今の所オシャレを売りにできるのはFocalsくらい。

ARKit2の精度は本当にすごいのでこれがメガネデバイスで体験できたら、結構期待できると思う。
昔のアップルは待ってました!だったんだけど。最近は、買うかなー、、?から始まる違和感。自分の感性が老いたのかな🤔
ARが本格的に普及しそう。 /
【Tech】これはちょっと気になる話題。
「Apple Glass」!?それとも「i Glass」!?>
メガネ型デバイスは機能じゃなくて見た目が大事だと思ってる。付けててダサくないような。その辺はアップルだから期待できる! /
かつてのPDA市場を彷彿とさせる。当時PDAは結局手帳の代替にならなかった。「音楽が聞けて、メールが見れて、写真が取れる」という端末は、携帯と一緒になって利用可能シーンが広がり、普及した。しかしそれはPDAの進化ではな...
AppleのARメガネが早ければ今年末に量産体制!

アプリがフリーミアムで盛り上がった中でWatchでは課金に繋げづらくてアプリ不足な感があるからARメガネも同じ問題が

AppleWatchの感動「スマホ見ないで時間が分かる」が「時計みないで時間が分かる!」になるのは間違いない
iPhone依存でOcculusとはちがい軽量メガネ。じゅうぶんありえて体験的にもWatchで十分検証済みですね「第1世代のアップルARメガネは単体で動作するものではなく、iPhoneに大きく依存すると述べられています」
ついに『Apple グラス』が登場!?楽しみ😊 でも、初代は買わないけどね。iPhone 、iPad、Apple Watch などこれまでもそうだったけど、初代はベータ版みたいなもんだからねー。第二世代からが本番。
量産が今年の末なら、発売は2020年なのかな??
もうAR界隈はスタートダッシュ決める気で開発競争してるイメージ
え!今年中に出るの??
アップルのARメガネは早ければ2019年末にも量産開始、 iPhoneに依存して軽量化を実現か?

iPhoneを母艦として拡張するアクセサリ、Apple Watchと同様のスキームで顧客を囲い込むイメージ。
以上
 

いま話題のニュース

PR