TOP > IT・テクノロジー > 中国の科学者が遺伝子編集した 「ヒト」を作ったと主張。HIV耐性与えるためと説明も信憑性や倫理面に問題 - Engadget 日本版

中国の科学者が遺伝子編集した 「ヒト」を作ったと主張。HIV耐性与えるためと説明も信憑性や倫理面に問題 - Engadget 日本版

14コメント 登録日時:2018-11-28 07:25 | Engadget Japaneseキャッシュ

中国深センにある南方科技大学の研究者He Jiankui氏が、CRISPR/Cas9技術を用いた遺伝子編集によってHIV耐性を持つ双子の乳児を作り出したと主張しています。しかしHe氏が行ったヒトの遺伝子編集には倫理面などさまざまな問題があり、この行為に対して世界から非難の声が上がっていると伝えられています。...

Twitterのコメント(14)

「ヒト」を作ったと主張。
HIV耐性与えるためと
説明も信憑性や倫理面に問題 -
Engadget 日本版


コーディネーターまがいの物
中国が作りよったわ。
春の遺伝子、全日程終了しました。
リンク先のページに【ヒトはコーンや大豆とは違う】と書いていますが、実の所はコーンや大豆ですでに我々は「倫理という絶対に踏み越えては行けないライン」を踏み越えていたりするのかもしれませんね。
所属大学側でも感知していないってのは異常だな。あまり問題を矮小化させるつもりはないがこれも研究者個人の倫理観の問題かなぁ…
生命の倫理、人間の尊厳に反する暴挙。中華人民共和国は人権蹂躙国家と言える。
科学も医療のためもない。様々な面の問題も解決せず、単なる自己満足で凄い技術も持っているよを展示でしょう。
なんかガンダムSEEDみたいな話だなって思うけどホントなら色々思うところある。
以前、遺伝子編集で痛みを感じない動物や人間をつくればいい、と言っているヴィーガンの方がいたけど、その方は今回の中国の科学者のやったことには賛成するのだろうか。
思い浮かんだのがSEEDだった
やろうと思えばどこの国もすぐやれるんだろう。
ただ「やるな」っつってんのに、なんでこうなる。
。中国深センにある南方科技大学の研究者He Jiankui氏が、CRISPR/Cas9技術を用いた遺伝子編集によってHIV耐性を持つ双子の乳児を作り出したと主張。
コーディネーターじゃん・・・。
優秀な兵隊となる国民を大量生産するのに有効であれば倫理とか全く関係ないだろうという気はする>
30年以上前、高校の理科の先生が「倫理的にダメと言ってる国も裏では必ずやってる。人間は絶対に知りたいと言う誘惑に勝てない」と言っていたなあ
以上

記事本文: 中国の科学者が遺伝子編集した 「ヒト」を作ったと主張。HIV耐性与えるためと説明も信憑性や倫理面に問題 - Engadget 日本版

関連記事