TOP > IT・テクノロジー > アップルの「ARKit」を徹底解説、技術よりも戦略がすごい(西田宗千佳) - Engadget 日本版

アップルの「ARKit」を徹底解説、技術よりも戦略がすごい(西田宗千佳) - Engadget 日本版

29コメント 2017-06-21 17:33  Engadget Japanese

6月5日から9日まで、米カリフォルニア州・サンノゼで開催された、アップルの年次開発者会議「WWDC 2017」。ここでは、様々な発表が行われた。多くのユーザーにとっては、新たに発表されたMacやiPa...

ツイッターのコメント(29)

→Appleは昔からVRよりAR推進派
ここらの話が関連するらしい。
ARKit 、試したくなった...
@shalonfez
幾つか記事見たけどこれが分かりやすいかも
"ARKitの価値は、「A9以降のプロセッサーを搭載したiOS機器すべてで利用できる」ことそのものにある。"
arkitについてはカメラを通した現実に如何に投影するか。ちょー楽しくなりそう。
iPhoneの凄さはこの記事がよく伝わる。
日本はiOS一人勝ちだから、ゲームとの親和性も合間って色々出てきそう。
いや、技術がすごいよ。/
これだけ「均質で良いAR体験」が一気に提供されることは、明らかにビジネスチャンスである。ARアプリが秋に向けて急増するのは間違いない。今後は「ARKitがある」ことを前提にハードウエアが作られていくことになる。
Vuforiaで何年も前からできたこととあんま変わらんね。ポケモンgoみたいなゲームがたくさん出るだけで、今後2-3年はあまりインパクトなしと今から予言しておく。 / アップルの「ARKit」を徹底解説...
/* あとで見る */ ⇒
懐かしのJunaioの生き返りだったのかこれ……
おそらく将来iPhoneにARサポート用のハードウェアが追加されるということだと思うのだが、一体何が追加できるのだろう。 / “ 日本版”
《アップル》の「ARKit」を徹底解説、技術よりも戦略がすごい
🆕 2017/06/21(昨日)38🔥🔥🔥
🔝 2連荘
🇺🇸 (th/1)
📱 (th/1)
🇺🇸 …
[B!] 「iPhone8にAR用のセンサーが」っていうのは壁認識用のか。 日本版
2011-12にGLNZでARをゲームに導入しようとしてマーカーつきでテストしたとき、安定が悪すぎて「使い物にならない」が結論でオミットされたものが5年経ったら、マーカーレスで出来るのを見ると要素技術の重要性が分かるなー
とんでもない数の同じ環境がすでに普及しているって、ものすごい強みだな。
よく「特別なハードを使わず」と書いてるですが、「A9以降」と言う要件が存在しているで十分(ある程度)特殊な設計が存在している。
OSとハードウェアが均質って強いよなあ。 / “ 日本版”
まとめ考察
ARKitで出来る事の制限部分は特にメモ。ま〜ポケモンGOみたいなアプリ作って欲しんだろうね。
ARKit、開発元はMetaio。距離や絶対位置はアクは実装なし、「特別なハードウエアを前提としないものの中では優秀なもの」。なにより標準装備なので敷居が低く、アプリの拡大に繋がるだろうな。 / “アップルの「ARKit」を徹底…”
こりゃすごい!とは思ったけど、何に使うかな?ゲーム?
自分は技術が戦略を後押しした形だと思ってる。
SoC、M プロセッサと Metal 2 があって初めてこの戦略ができた。
ポイントが押さえられていて良い記事 >>
あー、次の iPhone にはここら辺の足りてないセンサーが入るんだろうな。
てなわけで書きましたよー。戦略のコアがどこか、というお話です:
西田宗千佳さんによる、さすがすぎる考察。VR同様、あらゆる職業の人が意識すべき波になると思う。しかし、一流のジャーナリストはレスも筆も早いな…│アップルの「ARKit」を徹底解説、技術よりも戦略がすごい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR