TOP > IT・テクノロジー > まるで電子レンジ、ワイヤレス充電中のクルマの下に「猫」が潜ったら? クアルコムが安全策デモ - Engadget 日本版

まるで電子レンジ、ワイヤレス充電中のクルマの下に「猫」が潜ったら? クアルコムが安全策デモ - Engadget 日本版

29コメント 登録日時:2017-01-24 08:17 | Engadget Japaneseキャッシュ

EV Japan 2017(第9回EV・HEV駆動システム技術展)より。モバイル用半導体などで知られるクアルコムが、EV(電気自動車)向けのワイヤレス充電技術「Qualcomm Halo」をデモしました。Qualcomm Haloは、EV向けのワイヤレス充電技術です。充電パッドが組み込まれた駐車スペースに停車す......

Twitterのコメント(29)

@abengers2 レンジになるか
出来そうだけど課題が盛りだくさんみたいな感じですかね?
電気自動車も が必要になる?
観測中・・・「レーダー技術を活用し、生体が充電パッドにある程度まで接近すると自動的に充電が止まる」:『 日本版』
あれ?車の無線伝送は磁界共鳴型だと思ってたけど違うのか
言いたいことは判るが充電できないんじゃ意味ないだろ 猫避け砲とか付けるっていうなら判るがドンドンΣ(ФДФ)
結局そこ?
なんだセンサで切るだけか...
夜中に猫が車の下で寝ていたら、充電されてないことがあるのか
わぁーもうすでに技術あったのかー
#

当然の技術だが賢いわ
出勤前の車の下に金属板を滑り込ませる嫌がらせが捗るな。もしくは猫地雷的な。
全自動猫バンバン機能付けたらいいんじゃね?
車のワイヤレス充電ってヌコにはこんな危険があるんだニャ…
ぬこ様に怪我や火傷を負わせるわけにはいかないかんな、うんうん
@engadgetjp >充電パッドとクルマの間に生物や金属が入り込むと「まるで電子レンジのように」(クアルコム担当者)加熱や発火の危険
これじゃ解決しないだろう
猫のせいで充電できてなかったらどうすんだw
普及すれば便利なEVのワイヤレス充電、安全への配慮はすでにここまで進んでいます

> Japanese
野良猫がいなければ心配する必要のないことなのに…やはり野良猫の駆除を活発にすべき
ヌコが入ったら充電中止ってそれはそれで
ここで無接点充電がでてくるのか。普及すればバッテリー切れの心配はほぼ皆無じゃないですか。
そもそも都会に野良猫がいることが問題
わー、確かにそうだよなー。少なくとも充電パッドは周囲より暖かいだろうし、猫来そう…。|
朝出勤しようとしたら野良猫のせいで充電ゼロの未来。
/
子供はやばいな。俺子供の頃、車の下に何回か潜り込んだことあるしなあ。
クアルコムが安全策デモ: 1月17日から19日まで開催された、EV Japan…
ベンツの2018年版PHVにオプション採用が決定しています
漏れ電磁波でフライパンを暖めて料理するのが流行ると見た
以上

記事本文: まるで電子レンジ、ワイヤレス充電中のクルマの下に「猫」が潜ったら? クアルコムが安全策デモ - Engadget 日本版

関連記事