TOP > IT・テクノロジー > IBMのWatson、わずか10分で難症例患者の正しい病名を見抜く。医師に治療法を指南 - Engadget 日本版

IBMのWatson、わずか10分で難症例患者の正しい病名を見抜く。医師に治療法を指南 - Engadget 日本版

IBMの人工知能「Watson」が、特殊な白血病患者の病名を10分ほどで見抜き、その生命を救ったと東京医科学研究所が発表しました。患者は当初、医師に急性骨髄性白血病と診断され抗癌剤治も受けていたものの、まったく効果が現れていませんでした。東京医科学研究所は「AIが命を救った国内初の事例ではないか」とのこと。...

ツイッターのコメント(93)

IBMのWatsonわずか10分で難症例患者の正しい病名を見抜く。医師に治療法を指南  2016年8月8日「東京医科学研究所のWatsonは、2000万件以上の癌に関する論文を学習して鍛え上げており、正しい診断が難しい白血病患者の診断に役立てる研究に使われています。」
東大医研のワトソン「事件」ももう2年前
はやくAI診断があたりまえの世界になってくれ
従来型の研究スタイル、医療スタイルじゃあもはや通用しないと衝撃を受けた記事
アキネイターの病気版ってこれだよね
医者も当たり外れあるし、一人ひとりの経験やら努力に頼ってるより人工知能に任せたほうが的確な診断が出そうなので早く広まってほしいな
このニュース今日初めて知った。感動的。→
@angelo0327 将棋でも囲碁でもAIに人間が勝つのが至難となった今。医療の分野でも人間以上の働きが期待できるようになってきてます(^^)その診断を活かせるのは人間ですけどね(^^)
@moltoke_Rumia1p AIとビッグデータを活用した診断システムを研究してるとか言う話があったなぁ。
@yoppi12301203 医療診断にも期待されているです。こちらはIBM製
すごいなぁ
てかWatsonって数年くらい前まではまだ人間の脳の5%くらいしかシュミレートできてないとか言ってたけど、APIも沢山開放されてたし、だいぶ色んな事が出来るようになったんだなぁ
今朝の朝日新聞1面でも紹介.血液がんの場合,54件中8割有効だったと /
医師の仕事が変わるかも・・・。
やたら薬出したり 
やたら検査
目も見ない 
身体に触れず
3分で終わるなら
AI も有りかと思う 
気もしたり
まあ、昨年あたりから言われていたことですが→
@InAbsenceofMind @fuhito33 すまんディープラーニングではなかった。
膨大なデータから解答を得る、AIの十八番すなあ。 Reading:
一体何者。。。。
これ使えば、今やっている仕事の改善なんて全部解決するんじゃないかと。
一つの症例から、多少誇張した結論を出している気もするが、知識ベースやAIが治療をサポートする時代が来るのは間違いないだろう:
これがあれば間違えもなくなるかも。
すごいなー!こんな優秀だから、動くボディと自分で考える能力を与えちゃうと人間が滅亡しちゃうわけだ。バイオテロとか起こされちゃ一発だよねぇ…。
カプセルお中で全て治療される日も近いですね。
IBMのWatson、わずか10分で難症例患者の正しい病名を見抜く。 -
これはあくまで成功例の一つで全てを当てる訳ではない。とは言え医学の進歩に貢献ですね(^^)
よく分からないけど、良い事なんだよね(^ω^;)
すごいな、こういう活用の仕方はいいね
じわじわきてるな。 >>
医者要らず。
Ψ(⌒▽⌒)Ψ.。.:*・.。.:*☆誤診しないのかね。
そもそもAIに振らないと治療法が
分からねえ医師って何のために
いるわけ。
すっ………………………げぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ワトソン君惚れるで……
最高値
最安値
レビューの内容順
新着
U-18は知っていた…
どんどん進化して欲しい →
カッコイイ…
ワトソンの学習能力は人間の4倍らしい∑(゚Д゚)
おちおちしてられないよ!
先人が遺してくれた論文が、現在の医学を支えている。大学病院は、研究。論文にの書き方を学び、残すために。
やっばりワトソンは名医なんだなあ(笑)
ぜひ読んで欲しい。また平均寿命が延びそうだ…
これすごいよね!長谷敏司さんの人工知能と倫理学会のお話、改めてちゃんと倫理学会の文献とか読みたくなる!!!
治療法も世界のDBから引っ張り出して選ばせてくれればなお良いなー
全てお任せには出来ないだろうけど、1人の命が救われただけでも充分嬉しい希望。頑張れWatson&IBM !
入力は画像かな? /
これすごい
なけなしのお金でいろんな皮膚科に行っては「何でだろう…」的な事言われるだけで、もうそれ他でもらって意味なかったよ。って薬出されるだけの人生送ってるからはよして
IBMのWatson、わずか10分で難症例患者の正しい病名を見抜く。
めも。
「U-18は知っていた」を思い出しますね
もっと見る (残り約43件)
 

いま話題のニュース

PR