TOP > IT・テクノロジー > 「Windows 10」の最新ビルド「20211」でLinuxファイルシステムにアクセス可能に - ZDNet Japan

「Windows 10」の最新ビルド「20211」でLinuxファイルシステムにアクセス可能に - ZDNet Japan

20コメント 2020-09-14 11:33  ZDNet Japan

「Windows 10」の最新のプレビュービルドでは「WSL 2」の内部からext4などのWindowsではサポートされていない物理ディスクをマウントできるようになった。

ツイッターのコメント(20)

あれ?割と嫌いじゃなさそう?
まだチョット細かい部分とか詰めが甘いみたいだけど。
これで NAS のディスクファイルフォーマットを NTFS にするか ext4 にするかで悩まなくて済むかも?w
これ超便利じゃね?(ちゃんと動けば)

いちいち変換がまさなくても良い
ディスクを2台以上接続してOSをデュアルブートしてる人に恩恵がある感じかな。
異なるOS間でのファイルのやり取りはなかなか手間なのですが、シームレスにやり取りできるようになるのは大きな改善ですね。
LinuxとWindowsのファイル共有が捗りそう!
ファッ!?マジかよ!
「接続できるのはディスク単位で、パーティションを接続することはできない。」
ヘエ-(๑ჼό ჼ ๑)
おおって思ったけどUSBメモリはダメなのか:
よく読んだら結構制限が
お?マジか。
なんかWindows10 はどんどんlinuxに寄っていくな。
マジか‼️ ヾ(*´∀`*)ノ
めっちゃ便利だけど事故も起きそう
>WSL 2に接続できるのはディスク単位で、パーティションを接続することはできない。

え?/dev/sdaはマウントできるけど/dev/sda1はマウントできないって事?
Windows10 insiderPreview20211に更新したらubuntu立ち上がらなくなってて、調べたらこの記事の後半のケースと同じRPCエラーだった。

待とうか。
ぶっ壊れサーバからディスク抜いて直接データ救出しやすくなったな
さっそくext4パーティションにdefragかけようぜ
ラズベリーパイのイメージ焼いたSDカードの中身もいけるってことならラクになるなー|
うお。マジでか。

>
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR