TOP > IT・テクノロジー > マイクロソフト、ディープフェイクを検知する新技術「Video Authenticator」を発表 - ZDNet Japan

マイクロソフト、ディープフェイクを検知する新技術「Video Authenticator」を発表 - ZDNet Japan

11コメント 2020-09-02 11:48  ZDNet Japan

マイクロソフトがディープフェイク対策のための新技術「Microsoft Video Authenticator」を発表した。写真や動画の改ざんを検知し、本物である可能性をパーセンテージで表示するという...

ツイッターのコメント(11)

これはいい技術ですね😈

人間は我々が「本当だ!」と印をつけたメディアだけ信じていればいいのです‼️
本物、偽者どっちでも良いんだよ。騙す方が100%悪いでしょう。でも勝手に騙されるんだものしょうがないじゃない。
これはどんな技術かな?最近はディープフェイクのAVがあったりと、ディープフェイクの需要もある。一方で、何かの証拠を捏造できる。
Microsoft:ディープフェイク対策の新技術。画像製作者がデジタルハッシュと証明書を画像に追加し、利用者はそれらで改ざんの有無を検証可能。基本はデジタル署名技術なので、証明書を発行する認証局の信用度が重要。そうなると利用にはそれなりの費用が掛かるだろうね。
公には認証やニュースの信頼性チェック用だけど、
画像の加工度チェックとかにも派生すると思う。

snowとか使っても「この画像はこの部分が何%加工されてます」とかね。
動画の改ざんも気をつけないとアカンのか。これはそれを見破る技術。
ディープフェイク検知は今後標準装備されていく必要があるだろうから、マイクロソフトがやってくれると安心。
AIによる写真や動画の改ざんを検知!
>「Azure」に組み込まれるツールで、制作者がデジタルハッシュと証明書をコンテンツに追加できる。
さりげなく証明書認証取り入れておる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR