TOP > IT・テクノロジー > 「超高速開発」改めローコード開発は次のスタンダードになるか - ZDNet Japan

「超高速開発」改めローコード開発は次のスタンダードになるか - ZDNet Japan

10コメント 2020-08-07 07:02  ZDNet Japan

ローコード開発が急速に注目を浴びつつある。ガートナーは、2024年までに世界のアプリケーションの65%以上がローコード開発基盤で構築されると予測する。ローコード開発に関する記事を集めた。

ツイッターのコメント(10)

@irof ローコードだそうです。


> できる限りソースコードを書かないでアプリケーションを開発するローコード開発が急速に注目を浴びつつある。従来、「超高速開発」と呼ばれていた分野である。

いつの間に一般用語になってた?
ローコードの最終形って並行大量処理できるExcelじゃないの?
違うと言うなら根拠を教えてほしい。
マーケティングというか対象領域というか

Japan: 「超高速開発」改めローコード開発は次のスタンダードになるか ZDNet Japan: 「超高速開発」改めローコード開発は次のスタンダードになるか.
日立建機さんのOutSystems事例です!
何でもかんでもローカライズ・カスタムしないと気が済まない日本企業で定着するのか。糞コード生成してくれて、それ手メンテさせられるとかなら地獄よな。
書かなきゃバグも起こりづらいから試験も楽だろうしいいことずくめなのでは?
超高速開発、Open-usp-Tukubai以外あるんですか(なんか自社製フレームワークの売りあいみたいになってたのを思い出しつつ)
"メガバンクの三菱UFJ銀行はバックオフィス業務の効率化に、自動車メーカーのSUBARUが新型コロナウイルス感染症の影響で制限の出たサプライヤーとの情報連携のために導入するなど、日本でも…"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR