TOP > IT・テクノロジー > アップルも「マスター」「スレーブ」などの用語置き換え--スタイルガイド更新 - ZDNet Japan

アップルも「マスター」「スレーブ」などの用語置き換え--スタイルガイド更新 - ZDNet Japan

12コメント 2020-07-20 10:38  ZDNet Japan

企業やプロジェクトが、ソフトウェア開発のさまざまな要素を説明する上で使用される人種差別的な用語を修正することがトレンドになっている中、アップルもこの流れに続いた。

ツイッターのコメント(12)

Appleはmaster/slaveの用語を置き換えると言っているけど、やってることがmaster/slaveそのもの。
の影響なんでしょう
- CNET Japan 最新情報 総合
SUGIZOは特にこういう話題感心あると思うけど、LUNA SEAのSLAVEも変わる可能性あるか?
なるほどね。
ただ、そう簡単には...
---
ええ⁉︎
ブラックリストって単語が肌の色と関係あったの?
紙とか塗り潰しの色じゃないのか‼︎

マスター/スレーブは確かに下品な例えだとは思ってたけど、過去のソースやドキュメントは修正しなくていいよね?
/
これ!やっぱそうだよなぁ気になってた若い頃から!マジで!言われる前から!幼稚園くらいからマジで!!
全く面倒臭い世の中になったのう。
IT系はどこも右にならえで進んでいるけれど、音楽・映像スタジオ業界用語の「マスター」がどうなるのか気になって仕方がないw> - CNET Japan -
"「代わりに、プライマリー/セカンダリーやプライマリー/レプリカ、メイン/セカンダリー、ホスト/クライアントなど、コンテキストに適した代替用語を使用してほしい」"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR