TOP > IT・テクノロジー > グーグルがカノニカルと連携、「Flutter」でLinuxアプリ開発が可能に--アルファ版 - ZDNet Japan

グーグルがカノニカルと連携、「Flutter」でLinuxアプリ開発が可能に--アルファ版 - ZDNet Japan

10コメント 2020-07-09 14:13  ZDNet Japan

グーグルと、「Ubuntu Linux」の開発元であるカノニカルは、グーグルのUIフレームワーク「Flutter」を用いてLinuxデスクトップ向けのアプリを開発できるようにする取り組みを続けている。

ツイッターのコメント(10)

だいぶ重要な情報が抜け落ちている。

"4月には、「Google Play」ストアでFlutterを用いて開発された「Android」アプリが約5万本公開されているとしていた。"

"Now there are 80,000 Flutter-built Android apps in the Google Play store, up from 50,000
FlutterのLinux対応👀
そうきたか!? -
GUIは何がベースになっているんだろう??Gtk?Qt?まさかHTML/CSS?
Google はFlutter結構推してるんかね。Dartなのがモチベーション上がらない理由なんだけど、食わず嫌いなのかな
範囲広げていくなぁ

Japan: グーグルがカノニカルと連携、「Flutter」でLinuxアプリ開発が可能に--アルファ版.
Linuxユーザー自体が少ない (開発者は除いた純粋な一般ユーザ) からどこまで需要があるかというのはあるけど
/
Flutterしか勝たんなのでは?
Dartも覚えなきゃ😌
グーグルがカノニカルと連携、「Flutter」でLinuxアプリ開発可能に--アルファ版 -
グーグルがカノニカルと連携、「Flutter」でLinuxアプリ開発可能に--アルファ版
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR