TOP > IT・テクノロジー > IoT・AI・ブロックチェーンなどが幻滅期--ガートナー、2019年版ハイプサイクルを発表 - ZDNet Japan

IoT・AI・ブロックチェーンなどが幻滅期--ガートナー、2019年版ハイプサイクルを発表 - ZDNet Japan

38コメント 2019-10-31 13:34 | ZDNet Japanキャッシュ

ガートナー ジャパンは10月31日、日本における2019年のテクノロジーのハイプサイクルを発表した。「モノのインターネット(IoT)」や「人工知能(AI)」「ブロックチェーン」といった技術が「幻滅期」に位置付けられる一方で、「第5世代移動通信システム(5G)」は「過度な期待のピーク期」に入ったと評価された。...

ツイッターのコメント(38)

幻滅期の説明はコレ 

ここで必要なのは、「別にEVでなくても構わないしEVであることに興味が何一つない」人がEVを買う理由が生じるかどうか。つまり将来性とか新鮮味というゲタを脱いで、成熟しきったガソリンエンジン車で満足している人がEVを買う状況になれるかどうか
@TJO_datasci 先行するブロックチェーン
AI はオワコン扱いなのか。結果出せなかったから仕方ないね。>
2019年度版テクノロジーのハイプサイクル
ガートナー社よ
ハイプ・サイクルというそうです。勉強になった。
と思ってググったらどうやら「啓蒙活動期」ってのが幻滅期の次にあるらしい。ガートナーさんこれもっと使っていきましょう。。

"熱狂が冷めて期待が一気に幻滅に変わる「幻滅期」、それを乗り越えて改めて市場への浸透が進む「啓蒙活動期」"
3年後には消えてそう。>ハイプサイクル //
ガードナーのパイプサイクルの図すごいな。過去の推移を見つつ黎明期または幻滅期が投資チャンスだと考えられる。

今後としては、
・アジャイル開発→更なるブーム後、一旦幻滅期に
・IoT→幻滅期が続く
・ブロックチェーン→再来年以降期待
といったことが予想できる。
いくつかの項目は、思ってたより左側にいる感じですが、概ね感覚通りかな。
ハイプサイクルは新しいワードを眺めるものw
IoT・AI・ブロックチェーンなどが幻滅期~ガートナー、2019年版ハイプサイクルを発表

>IoT・AI→幻滅期
>5G→過度な期待のピーク期

前者は下がった所を買い、後者は上がった所を売るべき?
材料株の行く末に似てる。。。
生産が伴う分IoTの幻滅期長期化は避けられぬ
アジャイルも幻滅期に近い。/
そういやAIアシスタントがメール返信しちゃいます!系のサービス見なくなったな。面白そうだと思いリリース前に事前登録したけどいつの間にか消えた笑。
幻滅期に入ってようやく、何が出来るのか、何に向いてるのかなどの正しい理解が進み、過度な期待がなくなり、本当の意味での普及のはじまりが期待されますね
ほかにRPAとかもね。いずれもピーク前後に技術決定論的な語りに幻滅されるわけだが、返り咲くのもある。3年程前に流行ったのはしっかり下り、ウェアラブルは上向き
技術は陳腐になる宿命
せやな、という感想しかない /
"レガシー・アプケーションの近代化"が右端から2番にあって、左端に"メインフレーム・トランスフォーメーション"なるものがあるけど、どういうことかな。
強力なテクノロジーには抗えない Japan: IoT・AI・ブロックチェーンなどが幻滅期--ガートナー、2019年版ハイプサイクルを発表.
AIの黎明(れいめい)→過度→幻滅→啓蒙→安定→…安定までがんばりましょう(^^ゞ でも、僕の考えた生産システムをつくらないと安定は難しい。
Gartnerの発表きました。個人的には幻滅期のRPAの今後が気になる
XR系はないみたい👀?
ウェアラブルデバイスが幻滅期を抜けてきているから、技術としてのXRではなくウェアラブルデバイスとしてのXRになってきたのかな?
分かりみ
「概念実証(PoC)などの取り組みを通し、単に期待を抱いていたところからリアリティーに直面するようになった困難の表れ」
ガートナー ジャパンは10月31日、日本における2019年のテクノロジーのハイプサイクルを発表した。
2年前にバズっていたワードが幻滅期に突入なのね
「決して悪いことではなく、こういった時期だからこそ冷静に、基本に立ち返ってテクノロジーの真価や導入のタイミング、採用/導入領域を見極めよ」
これ、年単位で見比べると傾向が分かって未来の推測がしやすいんですよ, 次にどれが来るかな~というのが
ときめくキーワードが見事に見当たらなくて困った。
DevOpsは幻滅期でアジャイル・プロジェクト・マネジメントは黎明期?よくわからんな
というかアジャイルはいつまで黎明期やねん
ただのバズワードだったものたちが幻滅期入ったよう。期待と失望により得た様々な知見を活かして実用に如何にして持っていくかが大事な時期。
次のTech-onのテーマ『ブロックチェーン』は幻滅期へ。

さて、来年のテーマは何にしようかな。
以上
 

いま話題のニュース

PR