TOP > IT・テクノロジー > 2020年以降、AIで生まれる雇用は失う雇用を上回る--ガートナーのテイ氏 - ZDNet Japan

2020年以降、AIで生まれる雇用は失う雇用を上回る--ガートナーのテイ氏 - ZDNet Japan

10コメント 2019-05-13 06:22 | ZDNet Japanキャッシュ

人工知能(AI)が人間の仕事を奪うとする漠然とした不安が広まるが、ガートナーのアナリストは、むしろ新たな仕事が増えるとの見方を示す。...

ツイッターのコメント(10)

一面事実。ただ別の一面では不実。いわゆるアンマッチ人材は、溢れる以外にないのが現実。OA化(死語)で何がどうなったか、今の中年諸君は若い頃に見ていて分かっていると思うがね。
今までやれてこなかったことがやれるようになる→そして更に良くしたいし、他に展開したいと思う、といったイメージですかね!激動の時代にはなりますが、面白い時代に生まれたなあと/
AIについては、1959年にI.J.グッドが、「20年後にはAIが全ての仕事を担い、人間は働く必要がなくなる」と予測した。一方、2012年にはトーマス・フレイが「2022年までに、AIと自動化によって10億人分の仕事が失われる」と予測した。
2020年以降、
AIで生まれる雇用は
失う雇用を上回る--
ガートナーのテイ氏
ですよね~

『2020年以降、AIで生まれる雇用は失う雇用を上回る--ガートナーのテイ氏』
よくある失業論よりも、説得力がありますね。 //
「人生幸せならボットの部下でもいい」と考えられるかどうか。
ITが新たな仕事を生み出してるんだよねえ。
吉藤さん(@origamicat )の分身ロボット「OriHime」とか。
AIで仕事が生まれたら
結局人手不足の解消にはならない❓

恐らく、特定の所で人が足りない環境に
それが成長事業❗️
そこで働けるようになれば給与がアップしますね👍

テクノロジーアレルギーにならず、柔軟に対応しないと

2020年以降、AIで生まれる雇用は失う雇用を上回る
紀元前370年にソクラテスは、「書くことによって記憶が滅びる」と言った。ケインズは1930年時点で「今後100年で週15時間働くだけでよくなる」と語った。
以上
 

いま話題のニュース

PR