TOP > IT・テクノロジー > AIやブロックチェーンは幻滅期へ--ガートナー、日本の最新ハイプ・サイクルを発表 - ZDNet Japan

AIやブロックチェーンは幻滅期へ--ガートナー、日本の最新ハイプ・サイクルを発表 - ZDNet Japan

48コメント 登録日時:2018-10-12 12:25 | ZDNet Japanキャッシュ

ガートナー ジャパンは10月11日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。...

Twitterのコメント(48)

こんなことも知らなかったけども
知ってからは本当ぶち上げ
@nara13nara00 @yuta_furufuru62 @M__Hamachi 例えばITを専門にしてるとテクノロジーがどういう風に企業に受け取られてるかが情報として入ってくる
(20181012) 黎明期ポジに"AIOpsプラットフォーム"が //
ハイプサイクルみても、期待値の頂点以降は地味かつ堅実な展開だったり、様相が異なるし、
なんかみんなでダニング・クルーガー効果にハマったみたいなグラフやなー
まぁ、ふつうにそうなりますよね。
朗報だと思う。
どの技術も一度幻滅期を経て実用化されていく。
「ひとまずAIを」から脱却し、これからようやく「問題を解決するためにどのアプローチが的確か」という話ができるようなる。
去年からすでに幻滅期に入っててこれから淘汰の時代になるんだよね。
RPAやらAIやらIoTやらのパワーワードどれだけ生き残るのかな。
最近のTLを見ていると、RPAはこの図の通りなのかなぁと思わされる。
パイプサイクルみても幻滅期なんだろうね
調べてたらもう既に記事になっていた...!
ガートナの日本版のハイプサイクルだけど、RPAやAIが幻滅期になったという事は過度な期待は消えたけど、今後着実に普及してくるという事でもあるから、あと5年くらいしたらホントになにがおこるかわからんね。
AI(というか機械学習)を「良い感じに(楽に)何でもできる魔法の杖」だと思っている人が目を覚ますのは良いことかな。機械学習は目的を達成するための「1手段」であって、魔法の杖ではない。

AIやブロックチェーンは幻滅期へ--ガートナー
>「2017年、ピークにあると評価した『AI』『ブロックチェーン』に対する期待はピークを越え、『幻滅期』へと坂を下りつつある。今後、概念実証(POC)や先行事例の結果が公表され、取り組みの困難さが顕在化するにつれて、慎重な姿勢が企業間に広まるものと予想される」
まあ…流行りに振り回されず自分の領域で腰据えてやれという、いつの時代もそれだけの話だとおもうんだよねわたし…
なるほど・・・
デジタルコンサルティングサービスが低迷期に入っているのなんの違和感もない。相当な孤軍奮闘をすることになる。

ガートナー、日本の最新ハイプ・サイクルを発表
AIに対する幻滅は原理的に人間に対する幻滅と同じものなので、このグラフには乗らないと思う。 >>
幻滅期って言葉がよくないよね▷
IoTも幻滅期。ポストモダンERPって言葉おもしろいな |
さすがに量子コンピュータはまだかぁ。/
2017年、ピークにあると評価した『AI』『ブロックチェーン』に対する期待はピークを越え、『幻滅期』へと坂を下りつつある

今後、慎重な姿勢が企業間に広まるものと予想される
ガートナーのパイプサイクル日本版が出ました。ブロックチェーンは引き続き幻滅期入り。うん、もちろんそう。まだまだ実用・普及には程遠い。
ハイプカーブでいつも思うのはテクノロジを使う社会産業の活動最小単位は人。人の生産性向上、生活環境にどのような影響があるのか。また話題のテクノロジは幻滅期でも良いと思う。他のコトヘ統合されていくのだから。ハイプカーブだけで完結する思考は❌。
ブロックチェーン、過度な期待期の山が低かった印象ある
よく理解していない、理解しようともしない人達が勝手に期待して、幻滅してるだけなのになぁ。。。
変に解釈されないといいけど。
POCは「概念実証」か!ふむふむ
「取り組みの困難さが顕在化するにつれて、慎重な姿勢が企業間に広まるものと予想される 」
でもやんなきゃなんよねー
世界の方と並べてみると また面白い
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

[ZDNet]
ブロックチェーンよ、盛り上がってくれ…
日本の最新パイプ・サイクルが発表されたみたい。8月に発表された”先端テクノロジー”のパイプサイクルと比べてみても面白いかもね。
人工知能、ブロックチェーン、DevOps、RPAあたりはそろそろ幻滅期かぁ。個人的には、デジタル・ビジネス・テクノロジ・プラットフォームというキーワードに着目中。
[ZDNet]

>2018年現在の日本のICT市場において、ITリーダーがデジタルビジネスを推進するに当たり重要な役割を担う代表的な40のキーワードを取り上げている
一方で次のステージに行く概念、サービスも/
AIやブロックチェーンは幻滅期?? : ガートナー、日本の最新ハイプ・サイクルを発表
ハイプ・サイクルと言うのか
どこまで予想があたるか分かりませんが、IT業界はあいかわらず流行り廃りが激しいですよね(((;゚Д゚)))
しかし、ビッグデータが幻滅期を抜けそうなのはちょっと嬉しいかもしれないです!
特に への対応は、ITリーダーにとって火急の課題 @zdnet_japan
こないだ、どこでハイプサイクルの話したっけ?と思ったら、お好み焼き屋さんやった。
IoTが幻滅期、IoTプラットフォームが過度な期待のピーク、ビッグデータが陳腐化
そうかなぁ。まだまだ過大な期待が膨らんでる途中に思えるが。
2: バズワードとしてのそれがというなら理解はできる。 / “ Japan”
こういうのがまさに知識だよなー。こういう情報をもっと勉強しないと。
キーワードについて勉強しておこう。 / “ Japan”
お、日本のやつ来たか
以上

記事本文: AIやブロックチェーンは幻滅期へ--ガートナー、日本の最新ハイプ・サイクルを発表 - ZDNet Japan

関連記事