【海外発!Breaking News】麺料理に中毒性のある麻薬成分を混入、店主「売り上げを取り戻したかった」(中国) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

162コメント 2021-09-15 07:33 Techinsight

中国・江蘇省連雲港市にある麺料理店で、店主が麺に麻薬成分を混ぜて提供していることが発覚した。店主は「ロックダウンで顧客を失い、売り上げを取り戻したかった」と供述している。中国では、パンデミックで業績が...

ツイッターのコメント(162)

これスゲェなw

「これまで一日の売り上げは800元(約1万3000円)ほどだったが、料理の大半の商品にこのラー油を使用してからは1万5000元(約25万6000円)ほどを稼いでいたようだ。」
鉄鍋のジャンやんけ
この麻薬はどちらから入手している?
アフガニスタンに生産させているのか?
中国からの輸出食材・食品を取締必要がある。
非常に危険
麻薬中毒を起こす原因。
それを利益とするやり方。
根本から清浄を
大量のにんにく入れる、くらいに抑えとけば良かったのにね。
episode31の参考資料(TT)
これまで一日の売り上げは800元(約1万3000円)ほどだったが、料理の大半の商品にこのラー油を使用してからは1万5000元(約25万6000円)ほど稼いでいたようだ。料理を中毒性のあるものにすれば、より早く
これまで一日の売り上げは800元(約1万3000円)ほどだったが、料理の大半の商品にこのラー油を使用してからは1万5000元(約25万6000円)ほどを稼いでいた
火鍋に覚醒剤入れたり、色々ありますね。/ -
「 中国で同様の事件が頻発」 包丁人味平のブラックカレーだ…。現実に作る人が現れようとは…
 
PR
PR