TOP > エンタメ > 【海外発!Breaking News】12歳少女がコイン型リチウム電池を誤飲、食道に停滞したまま死亡(露) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

【海外発!Breaking News】12歳少女がコイン型リチウム電池を誤飲、食道に停滞したまま死亡(露) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

18コメント 2020-06-03 00:31 | Techinsightキャッシュ

玩具、腕時計、電子ゲームなどの小型機器に使われているコイン型リチウム電池は、誤飲すると食道や胃などの粘膜を短時間で損傷させ、重症化することも多い。このたびロシアで、12歳になったばかりの少女がこの危険な電池を誤飲し、1週間後に死亡していたことが明らかになった。...

ツイッターのコメント(18)

12歳の女の子がコイン電池を誤飲する環境がわからない。医師の処置もダメだけど…
中身のリチウムは強アルカリで組織を溶かし破壊するのに十分。日本では一刻争って取り出す処置取るほどだけど >
特に記載はないんだけど、衝動の強い子だったんだと思う。12歳になっても気が抜けないんだな…先が長い。誤飲の恐ろしさ、息子にしっかり伝えようと思う。

-
身近な危険です。ご注意を!
>コイン形リチウム電池は、食道に停滞すると約2時間で重度の化学やけどを引き起こし、食道に穴をあけたり重篤な合併症を引き起こすことがある
livedoor: 医師の指示に従うも死亡.
なんともやりきれない。ご両親は本当に悲しいと思う。→
ボタン電池は危険だよ
ポイント
・12歳でも誤って誤飲することはある
(腕時計の電池交換中)
・遅れずに画像評価は必要
・食道にとどまるならすぐに取り除く
【海外発!Breaking News】
⚠️ ”コイン形リチウム電池は、食道に停滞すると約2時間で重度の化学やけどを引き起こし、食道に穴をあけたり重篤な合併症を引き起こすことが”・・・知らんかった、恐ろしい破壊力だな。
犬でも死ぬんだから当たり前なのに。
12歳が誤飲!?

ちょっと状況が理解できない。
🚨犬や猫による電池の誤飲は家庭内で容易に起こりうる事故ですね。大変危険です。

【Techinsight】→
これは医師の怠慢ではない。

リチウムイオン電池は、小型でもエネルギー密度が高く、大きな電流が取り出せる。

胃の中で電池の+-がショートすれば、大きな電流が胃液に流れて胃に穴が開く
これは酷い
一軒目の医者はリチウム電池誤飲の危険さを知らなかったのか、摘出を怠惰に嫌ったのか…。
どちらにせよ苦しみながらとかかわいそすぎるわ
電池の誤飲は超危険と有名です。
誤飲したら、またはそれと疑われた場合は「すぐに」「レントゲンなど画像評価ができる病院」を受診してください。
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

PR