TOP > 国際 > 蔚山の市民団体、日帝強占期における強制徴用被害労働者の証言本を出版 : 政治•社会 : hankyoreh japan

蔚山の市民団体、日帝強占期における強制徴用被害労働者の証言本を出版 : 政治•社会 : hankyoreh japan

蔚山キョレハナ『私は炭鉱で解放を迎えた』を発刊...

ツイッターのコメント(10)

何のための出版か?
どんなことをしようと、今後日本は金を出さない。
今さらの反日教育も効果はない。

米国でBTSや半地下映画が評判らしいので
無意味な本の出版より米国からの搾取を考えた方がいい。
また妄想が暴走してる。
作り話すれば、本にしてくれるなら、嘘つく奴もゾロゾロ出てくるわな。
軍艦島で韓国人徴用工の過酷な扱いはなかったとの元住民とやらの証言だけを根拠に、日本ではそれが事実としてまかり通りかけている。しかし、韓国には強制徴用工の被害を訴える人々がいる。軍艦島の炭鉱は地下にあり、元住民に事実が分かるのか。
「証明できる資料やそれを証言できる人がいない場合が多い」時点で捏造を疑うのが人間として当たり前なんだけどな。感情論障害寄生虫民族がよ。
証言本=小説・物語・でっち上げ
なお証言を裏付ける証拠も第三者の証言も無いらしいフィクション本
ホント、息を吐く様に
蔚山市民団体、日帝強占期における強制徴用被害労働者の証言盛り込んだ本を出版 : 政治•社会 : hankyoreh japan
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR