TOP > 国際 > [インタビュー]「日本企業の差押え資産の処分を急ぐ」 : 政治•社会 : hankyoreh japan

[インタビュー]「日本企業の差押え資産の処分を急ぐ」 : 政治•社会 : hankyoreh japan

イム・ジェソン弁護士 日本政府・戦犯企業に協議を提案したがたびたび黙殺 2年待ったが「外交的妥協」は難しい 高齢の被害者たち、判決の履行の遅延に疲れ...

ツイッターのコメント(11)

「日本企業の差押え資産の処分を急ぐ」

嘘つけ! 政府に基金を作らせてたっぷり甘い汁にありつこうとしてるくせに。
この詐欺集団め。(怒)
[インタビュー]「日本企業の差押え資産の処分を急ぐ」

> 株式価値を鑑定する手続きも残っている。8月4日以降、すぐに現金化が可能かどうかは分からない

(・∀・) シラネーヨ‼︎御託はいいからさっさと現金化しろよ(笑)
頭悪い。何故時間がかかるかは、国際的に見た場合1965年に蹴りがついているからだ。訴える先は、韓国政府が正解である。
日韓請求権協定で完全に終わった話し。
韓国政府が日本から支払われた金を補償もせず使い込んだのだ。
請求する相手が違うやろ。自分とこの政府だろうが!
早くやれ、朝鮮人( ゚∀゚)人(゚∀゚ )
とっととやれよ そうすれば日本の楣韓派議員らを国会からで抹殺 出来る
法の目的は『強制執行』(現金化)を防ぐことだった。目的の正当性は別としても、判決を受けて執行に乗り出している被害者たちとの意思疎通はあるべきだった」
日本の企業は韓国から撤退すべきだ
例の2018年10月の自称元徴用工判決の弁護士が『ハンギョレ新聞』のインタビュー「日本企業の差押資産の処分を急ぐ」と言明。是非そのまま進めてください。
2018年10月に、アジア太平洋戦争中の日帝植民地下・強制動員被害者に対する韓国大法院の賠償判決を引き出したイム・ジェソン弁護士インタビュー
「日本企業の差押え資産の処分を急ぐ」
(ハンギョレ) [インタビュー]「日本企業の差押え資産の処分を急ぐ」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR