TOP > 国際 > 新型コロナ重症患者に「完治者の血しょう」を投与し、初めて治療に成功 : 政治•社会 : hankyoreh japan

新型コロナ重症患者に「完治者の血しょう」を投与し、初めて治療に成功 : 政治•社会 : hankyoreh japan

セブランス病院研究チーム 大韓医学会誌に論文発表  「回復期の血しょうを2回投与後 呼吸が回復し、ウイルスも減少」 代案治療剤として浮上  2015年のMERSの際に使った方法 防疫当局「専門家が最終的に検討中 血しょう治療指針を近く発表」...

ツイッターのコメント(25)

完治者の情報がすくなすぎて正解の判断がしづらいけど、若い人が1回感染して免疫ついた状態で経済回した方がワクチン待つより早い気もする
若い人と65才以上の分離は必要だけど
「回復期の血しょうを2回投与後 
呼吸が回復し、ウイルスも減少」 
代案治療剤として浮上 
 
2015年のMERSの際に使った方法 
防疫当局「専門家が最終的に検討中 
血しょう治療指針を近く発表」
日本はコロナの検査ほとんどしてないから
完治者の血とかも採取できないじゃんね
「回復期の血しょうを利用した治療法」
「MERS(中東呼吸器症候群)当時も治療法として使われた」
「12時間おきに完治者の血しょうを2回にわたって投与」
「ウイルス濃度が低下し、呼吸が回復」
「2人の患者は共にCOVID-19完治判定を受けた」
さて、どうなるか・・・
『11人いる!』を思い出した。
これ感染列島で最後にやった治療法だよね?

韓国
おおー。
抗体を入れるって事ね。
韓国、PCR検査数といい、治療法の開発といい、すごい!
SARSの時に使ってた方法なのか。コロナでも期待できる方向にむいたらいいけど…。
これはすごい!
ワクチンみたいな働きをするのかな
人間のカラダってホントにすごいな…
これなのか?
富士フイルム富山化学が開発したアビガンも生産増加で期待されてる中

韓国セブランス病院研究チーム 
大韓医学会誌に論文発表したコロナ重症患者に「完治者の血しょう」を投与し初めて治療に成功!
まだ論文段階で確立されてないけど期待したい。
4/7 韓国 COVID19
すでに回復した20-30代患者の血漿での治療例(セブランス病院)

71男性:基礎疾患なし。ステロイドで治療で回復。
これ以前にマラリア治療薬+呼吸器
67歳女性:血漿、ステロイドで治療で回復。
これ以前にマラリア・HIVの治療薬+酸素投与
セブランス病院で
コロナ重症患者に血しょう療法に成功
新型コロナ重症患者に「完治者の血漿」を投与し初めて治療に成功

「回復期血漿を2回投与後呼吸が回復し、ウイルスも減少」して代案治療剤の可能性。回復期の血漿を利用した治療法は、ワクチンや治療剤の開発が難しい状況下の治療方法の一つでMERS時も使用した
@ohmura_hideaki @hazardlab 新型コロナ重症患者に「完治者の血漿」を投与し、初めて治療に成功
新型コロナ重症患者に「完治者の血漿」を投与し、初めて治療に成功
以上
 

いま話題のニュース

PR